“価値観のリミックス”で、新たな生き方・暮らし方を発信。【Waltz】

2016.11.05

「from Nakameguro to Everywhere」
世界的アーティストであるコーネリアスは、2001年にリリースした名盤『POINT』の副題に、作品への矜持も込めて、「Nakemeguro=中目黒」という地名を冠します。
あれから十数年。サブカルチャーの聖地だったこの地も、少しずつ様相を異にしました。相変わらず多くの若者が行き交うものの、音楽の匂いも、カルチャーの匂いもあまりしてこない。良くも悪くも、中目黒は生まれ変わった。昔を知る人は、皆そう口にしています。
しかし今、この地で新しいムーブメントが生まれようとしているのです。キーワードは“価値観のリミックス”。中目黒近辺に生まれ育ち、街の変遷を見続けた1人の男が見据える先にあるのはどんなものなのでしょうか。

とある店舗に、取材依頼が殺到する理由とは?

中目黒駅を降りて、山手通りを10分ほど歩き、細い路地を1つ入ったところ。飲食店が立ち並ぶわけでもなく、コンビニもスーパーもありません。落ち着いた住宅街にひっそりと佇むその場所こそが、ムーブメントの発信地、カセットテープショップ「Waltz」です。

店舗に到着したわれわれを、店主の角田氏が迎えてくれました。

「お店の営業は午後から。でも最近は午前中に取材や撮影が入ってばかりです。ほぼ毎日ですね」

実はテレビや雑誌など、各種メディアに引っ張りだこなこの場所。どこまでもフォトジェニックな空間に、女性向けのファッション誌や、映画のロケ地にまで使われる人気ぶりも頷けます。

  • ファクトリー感あふれる外観。それもそのはず、たまたま見つけた工場の跡地を改築したそうです。

角田氏のもとに取材依頼が殺到するのには、もう1つ大きな理由があります。それが彼の持つ経歴。今では一部で“伝説の”レコードショップと称される「WAVE」のバイヤーからキャリアをスタートさせて、その後、なんとアマゾン ジャパンの立ち上げに参画したとのこと。

「アマゾンにいたのは約14年。2001年にアマゾン ジャパンのCDとDVDの事業が立ち上げられるのですが、そこの準備段階からいました。CDとDVD部門が軌道に乗った後は、書籍部門の責任者になり、さらにその後、日用品などの消費財部門の責任者を歴任しましたね」

簡単な話、エリートビジネスマンなのです。そんな彼が、地元である中目黒でカセットテープショップを営んでいるという事実。話題になるのは想像に容易くあります。

  • 26
    手に取ると、懐かしく、でも新鮮な感覚に。
  • 店内にある音源は、もちろん視聴可能。

次へ

PHOTO by Kaori Nozaki

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

PHOTOギャラリー

クリックすると拡大されます

  • 30
  • 31
  • 32
  • 33

Waltz

34

東京都目黒区 中目黒4丁目15−5

Tel. 03-5734-1017

営業時間 13:00 – 20:00
定休日  月曜日

http://waltz-store.co.jp/

  • Renovation Styleとは?

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!