極上のかけ心地に身を任せて【柿ノ木坂匠(kakinokizaka takumi)】

『柿ノ木坂匠(kakinokizaka takumi)』は、北海道に拠点を持つ匠工芸の直営店です。家具の五大産地である旭川で創業した匠工芸は伝統的な木工技術を活かし、長く気持ちよく使える家具をつくっています。なかでも、柿の木坂のお店で試してほしいのは、かけ心地抜群の椅子。背中に吸い付くようなフィット感です。

まずは最高のかけ心地を試してほしい

柿ノ木坂匠で販売している家具はすべて自社の工場で生産しています。工場で働く40人は全員が職人。家具には職人としてのこだわりが随所に見られます。椅子で言えば、かけ心地。なかでも「背の当たり」は大事だと、柿ノ木坂匠の店長、下崎さんは言います。

「個人的な意見ですけど、椅子でいちばん、かけ心地が感じられるのは背の当たりなんですよね。もちろん、人によって気に入る形は違いますけど、できるだけ多くの人に気持ちよく使っていただきたい。そう思って、商品化の際には何度も試作しています。実際に座って、かけ心地を確かめながら細かく細かく調整していくんです」

そこで、人気の椅子「YC2」に座ってみると、もたれかからなくてもスッと背中にそってくるような絶妙なカーブ。「私の背中に合うラインはこれしかない」と言いたくなるほどのピッタリ感です。

「小柄な女性などは、既成のサイズの椅子だと足が浮いてしまって、深く腰かけられない方も多いんですね。それで、せっかくの背もたれも使わない方が多いんです。そういう場合は適切な高さをご提案します」と下崎さん。

「いくら丈夫で長持ちする椅子でも、座りづらいと長くは使えません。お客様にとって最高の状態をお試しいただいて、それでも気に入らなかったら仕方ないですけど、僕としては最高のかけ心地を確かめていただくところまでは協力したいんです」

  • 115A6173
    「yamanami」シリーズのなかでも人気のモデルであるYC2は2014年にグッドデザイン賞を受賞。かけ心地だけでなくフォルムも秀逸です。
  • 115A6219
    背の角度と座の位置を段階的に調整できるソファも。介護施設で色んな人にリラックスしてもらえるかたちを考えて、生まれた椅子だそう。
  • 115A6119
    ずらりと並ぶ椅子。どれも、職人が誇りをかけてつくったものです。
  • 115A6200
    新作のコンパクトなダイニングセット。一人がベンチに座ったままでも、もう一人が横から立てるように、テーブルの脚を邪魔にならない位置にしました。
  • 115A6212
    壁にひっそりと飾られていた絵は全部、木でできていました! 

115A6165
115A6157
115A6125
115A6137
115A6211
115A6165
115A6157
115A6125
115A6137
115A6211

長く使えるように、修理時の配送料まで考慮

職人としてのプロ意識は、強度や耐久性にも及びます。下崎さんは椅子をひっくり返し、座面の裏側を示しながら説明してくれました。

「最近の傾向として、脚の細い繊細なデザインが好まれるのですが、この椅子は裏で支える木の組み方を工夫することで強度をあげています」

一般的なパーツの組み方よりもガッチリと組むことができる構造を採用。繊細なデザインを維持したまま、ぐらつきにくくなっています。この座面にはさらなる工夫もありました。

「座面は、長く使うと特に傷みやすい箇所です。当店でお買い上げいただいた家具は、基本的に工場で修理をお引き受けしていますが、この椅子は修理をしやすいように脚と座が簡単にバラせるようになっているんです」

工場へ送るのに、脚のついたままの椅子ではかさ張りますが、座面だけを取り外せれば何脚あってもコンパクトになり、配送料を抑えられるのです。強度や修理のしやすさなどを考え、長く使えるように設計された椅子は、長い目で見ればコストパフォーマンスも優れています。

  • 115A6129
    こちらが一般的な「相欠き(あいがき)」という組み方。これでも強度は充分なのですが……
  • 115A6127
    アーチ状のパーツを組み合わせて接合面を大きくすることで、より強固な構造に。
  • 115A6140
    座面の大きさ、背もたれのかたち、どの椅子にも細部にまでこだわりがあります。それもこれも長く使ってほしいから。
  • 115A6113
    たくさんの家具が並んでいますが、ここに展示されているのは匠工芸が提供できる家具のほんの一部。セミオーダーやフルオーダーもあります。
  • 115A6168
    メーカー直営店だから、スタッフも木の種類や特徴、無垢材の家具の扱い方など、知識が豊富。何か分からないことがあれば、話を聞いてみて。

115A6176
115A6145
115A6133
115A6161
115A6091
115A6176
115A6145
115A6133
115A6161
115A6091

今回は代表例として椅子をご紹介しましたが、「長く使ってもらえるように」との考えかたは、すべての家具に貫かれています。長く安心して使える家具、使い心地のいい家具をお探しの方は一度、訪れてみてはいかがでしょうか?

PHOTO by Yusuke Nishimura

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

柿ノ木坂匠(kakinokizaka takumi)

115A6104

当たり前ですが、椅子の掛け心地を知るには、実際に座ってみるのがいちばんです。これから色々、検討してみたいという方も遠慮せず、まずは試してみてください。間取りや家族構成を教えていただければ、家具のレイアウトのご提案もできます。「この置き方しかできない」と思っていた部屋でも、お聞きしてみるともっと快適な配置が見つかることは多いんですよ。
by 店長の下崎さん

 

東京都目黒区下目黒4-11-21  1F

Tel. 03-6272-4401
Fax.03-6272-4402

11:00 – 19:00 水曜定休・年末年始休

http://takumi-kagu.com/

  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!