出会いも、学びも、お仕事も。すべては旅から始まった。【HACIENDA】

2017.06.23

石窯で焼いた絶品のピザ。新鮮な野菜を使った色鮮やかなサラダ。素材にこだわった自家製のジンジャーエール……。そんな逸品を、オシャレで心地のいい空間で、気の知れた仲間と一緒に。最高の瞬間ですね。
大阪、和泉市にある『HACIENDA』は、オープンから1年ほどにも関わらず、若い女性を中心に絶大な人気を博すカフェ・レストラン。このお店が出来あがるまでの物語は、一人の少年が旅に出るところからはじまります。

人生を変える出会いは、旅の中に。

大阪の中心地より南へ車で約1時間。瀬戸内海へとつづく大阪湾から少し陸側に入った場所に位置する住宅街の中に、突如として、ひときわ目を引くウッディな建物が出現します。石窯で焼いた本格ピザや各種燻製料理が人気のカフェ・レストラン、『HACIENDA=ハシエンダ』。「牧場の小屋」といった意味を持つそのお店は、平日の昼間に伺ったにも関わらず、特に若い女性でいっぱいです。
(注:ハシエンダは2017年5月よりスパニッシュイタリアン料理の店『Lugo』として運営されています)

お話を伺ったのは、ハシエンダの運営に加えて、住居や店舗の設計・施工、リフォームやリノベーションを手がける株式会社ホームサイドの代表である横溝さん。高校を卒業した後、自身の見識を広めるために、1年間のアルバイト期間を経て、旅に出ます。

バイクで、自転車で、徒歩で、ヒッチハイクで。日本中をかけめぐる中で、その後の人生を大きく変えるきっかけを与えてくれる場所へとたどり着くこととなります。それは、テレビドラマ『北の国から』でもお馴染み、北海道の富良野。人も風景もそこに流れる空気感も、富良野という土地が持つすべてに“ぞっこん”になったと話す横溝さん。夏は富良野に、冬は全国各地へ、という生活を数年にわたって続けたそうです。

「日本全国をまわる中で、富良野の地に心を奪われ、『ココに住みたい』という気持ちが生まれてきました。現地の暮らしを見ることで、既成のものを押し付けられるのではなく、自分の手でつくっていく生活を送ってみたいと感じるようになったんです。

幸い、田舎なので、土地には困りません。地元の人たちもとても温かく、『あの場所は空いているよ』とか『うちの空いている土地に建てていいよ』なんて声をかけてもらえて。ただ、土地があっても建物はないし、それを建てるお金もありません。そこで、自分で自分の家を建てるために、大工さんになろうと考えたんです」

  • hacienda_r_56
    住宅街の中に、いきなりこんな建物が出てきたら、誰だってビックリです。

その時点で、すでに旅暮らしを続けること約5年。20代中盤になった横溝さんは、そこから大工を目指し、富良野にて、弟子入りをすることとなります。その親方が、大工さんの中でも少し変わった人で、特殊な領域を得意とする方だったようです。

「その人はクギを口でくわえながらトンカチを振っているような、昔ながらの大工の棟梁。当時で55歳くらいでしょうか。北海道に根付いた活動をしていて、例えば使われていない馬小屋を住居に改修したり、農機具を置いている大きな納屋をゲストハウスにしたり、そういうことをやっている人で、地元ではけっこう有名な方でした。

また、北海道には、本州とは違った歴史や風土があり、植物に関しても土地の特性に適応して、その場所に育つべくして育っていると、親方は考えています。だからこそ、例えばエゾマツやミズナラ、トドマツなど、北海道にある素材を使って家をつくることにこだわって、本州や海外から輸入した材木ではなく、その場所にあるもので工夫するという信念を持っていた。そういった考え方に僕はすごく共感したんです。そこで思い切って『技術を学ばせてください!』とお願いすると、あっさり『いいよ〜』って(笑)」

  • hacienda_r_15
    天気がよかったので、取材もお庭のベンチで!

そこから2年半ほど、親方の下で、現場のお手伝いをすることに。その中で、大工という仕事の魅力にも引き込まれていきます。

「仕事を覚えていく中で、『大工ってなんて素晴らしい仕事なんだ』と感じるようになりました。目の前にお客さんがいて、自分の技術で喜んでもらう。毎日、こんなに楽しいことをやってお金をもらえるなんて、本当に幸せなことだなと感じていましたね。

そうやって親方のもとで修行を続けて2年半ほどが経ったある日、『もう教えることはない』と、言わば卒業証書のような言葉をもらって。親方としても僕にずっといてほしいようでしたが、やはりそこでやっていた手法は、現在の建築現場においてスタンダードなものではありません。一般的にも通用するやり方も勉強する必要があると言われ、地元の大阪に帰り、これを仕事にすると決心しました」

  • hacienda_r_37
    取材は絶品のお料理をいただきながら。
  • hacienda_r_32
    ああ、役得だ!!
  • hacienda_r_39
    人気メニューは、やっぱり窯焼きのピザ。
  • hacienda_r_22
    美味しくないわけがない!

そうして親方のもとを離れ、結果的に7年にも渡った“流浪の生活”にピリオドを打ち、大阪に戻ることになります。その時、横溝さんは20代後半。今から10年ほど前のお話です。ちなみに親方は現在も現役の大工さんとして北海道で活躍中とのこと。今でも月に1回くらいの頻度で電話をするほどに、親しい関係性は続いているようです。

「親方のスタイルは、設計から施工、建った後の面倒まで、すべてをひとりで見ていて、それは今も変わっていないようです。昨今の建築業界では基本的にはありえないですよね。板の上に間取り図を描いて、それに従ってつくっていく、みたいな。でも僕は今でも憧れていますし、いつかは親方のようになりたいなと思っています」

次へ

PHOTO by Genta Hisada

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

PHOTOギャラリー

クリックすると拡大されます

  • hacienda_r_28
  • hacienda_r_35
  • hacienda_r_10
  • hacienda_r_34

Lugo(2017年5月よりリニューアルオープン)

lugo

スモークグリル&薪窯Pizza

 

住所:大阪府和泉市尾井町2-9-28
電話:0725-46-0855
営業時間:Lunch 11:30〜15:00(L.O 14:30)/Dinner 17:30〜22:00(L.O 21:00)
定休日:毎週水曜日、第4火曜日

 

URL:http://lugo170506.crayonsite.net/

株式会社HomeSide

logo

「やりたいことがたくさんある!」
「念願のマイホームだから、とことん理想を追求したい!」
家づくりを始めるにあたって、そんな想いを抱いているひとも多いのでは?
じつは、わたしたちホームサイドも同じ想いです。
スタッフ一人ひとりが「つくる視点」を持ったものづくり集団として、
一つひとつの家づくりに、お客さまと同じくらい胸をワクワクときめかせています。

 

URL:http://home-side.com/

  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!