【デザインフェスタ2018】11.10(土)、11(日)東京ビッグサイトで開催です!

さあやってきました。もはやリノスタの読者には説明不要、日本最大級のアートイベント、「デザフェス」こと、デザインフェスタです! 11月の開催に向けて、ここで少し予習をして、サクッとチケットをゲットして、新たな出会いとアートな刺激を求めて、ビッグサイトへと足を運びましょう!!

 

 

今回で48回目を迎える『デザインフェスタ」とは?

プロ・アマチュアを問わず、オリジナルであれば無審査で誰でも参加できるアートイベント。「自由に表現できる場」として、1994年に始まり、今回で48回目の開催となります。

会場に集うのは、年齢や国籍、ジャンル、スタイル……どれをとってもバラバラな15,000人を超えるアーティストたち。そして彼女・彼らが生み出すアート作品や雑貨、ライブパフォーマンス、世界各国のグルメなど、クロスジャンルな表現を体験・鑑賞することができます。

48回目となる今回は、おなじみのライブペイントエリアやワークショップエリアが大幅に拡大されます。さらにSNSに投稿すれば、注目を集めること、間違いなし! のフォトスポットも充実。

お友達と、ご家族で、デートに、もちろん1人でしっぽりもOK。目で、耳で、手で触って、お腹に入れて……。全身でビンビンと芸術の秋を感じてください!!

ここも、あそこも、すべてが見どころ!【エリア紹介】

デザインフェスタ2018の会場は、東京ビッグサイトの西ホール全館。1日中、いや、2日間丸々楽しめるほどに広大な面積の中で、無数のアーティストたちが、それぞれに感性やクリエイティビティを爆発させています。

どこを歩いても、新鮮な驚きや発見にあふれ、来場者のインスピレーションや好奇心、そして食欲までも、満たしてくれるはずです!

ショーステージ

01_showstage

音楽あり、ファッションあり、ダンスあり、もう何でもあり!! デザインフェスタの代名詞とも言える個性的なショーが繰り広げられる特設ステージです。こんなユニークなステージは他では決して見られません!

ライブペイントエリア

02_livepaint

エリアにならぶ巨大キャンバスのサイズは、なんと最大8m×3.6m! 2日間にわたって描かれていき、完成する作品たちは、見る人の胸を打つこと間違いありません。

ブースエリア

03_booth

世界中からアーティストが集まり、独創性にあふれる作品の展示、そして販売を行います。もちろんここでしか買えない掘り出し物も多数。作家自身の話が直接聞けるという貴重な体験も、デザインフェスタだからこそ!

ワークショップエリア

04_experience

アーティストと一緒に、ものづくりを体験し、その楽しさを味わえるワークショップ専用エリア。お子さんと一緒に参加すれば、きっと忘れられない体験になりますね!

フードエリア&パフォーマンスエリア

05_restaurant

フードエリア:話題の有名店や、気鋭のフードクリエイターたちが展開するキッチンカーや、カフェ&バーが集まるエリア。デザインフェスタでしか食べられないオリジナルメニューを存分に堪能しよう!

パフォーマンスエリア:デザインフェスタVol.47から新しく設けられたのが、パフォーマンスエリア。屋外フードエリアに併設された簡易ステージで、多種多様な表現を鑑賞できます。

11月10日と11日の2日間は、東京ビッグサイトへGO!!

さて、いかがでしたか? 来る11月10日と11日、日本で、いや世界でもっとも熱い空気が流れているのは、東京ビッグサイトかもしれません。2日間、会場を包みこむのは、出展するアーティストたちのパワフルな熱気、そして新しい出会いの輪。

来場者、出展者、みんなで、驚きや刺激、発見に満ち溢れた2日間を、それぞれに楽しみながら、思い切り体験してください!

画像提供:https://designfesta.com/

PHOTOギャラリー

クリックすると拡大されます

  • 03-designfesta
  • 04-designfesta
  • 08-designfesta
  • 11-designfesta

デザインフェスタ2018

logo

様々なアーティストが一同に介した、日本有数のアートイベントです。ご来場をお待ちしております。

【開催場所】東京ビックサイト西ホール全館
【開催期間】2018年11月10日(土)・11日(日) 11:00-19:00
【アクセス】新交通ゆりかもめ:国際展示場正門駅(徒歩5分)
      りんかい線 国際展示場駅(徒歩10分)

公式サイト:https://designfesta.com/

  • HOW TO RENOVATION
  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?