京都にできた「友達の部屋」【HOSTEL NINIROOM】

2018.01.13

旅先に友人が住んでいると、地元の人しか知らない隠れた名店で食事ができたり、面白いスポットを教えてもらえたりと、旅行が一層ディープなものになりますよね。そんな「友達の部屋」をイメージしてつくられた場所が、観光名所・京都にできました。ここでまた新しい京の魅力を発見できるかも?

姉妹がつくった、京都の生活を垣間見れる場所。

2017年12月、京都府京都市に新しくホステル『NINIROOM』がオープンしました。名称の由来は、ここを手掛けたNishihama Aino(西濱愛乃)さん と Nishihama Mone(萌根)さん姉妹の名前から。“京都に住む友達の部屋”をコンセプトに、築40年の元印刷会社のビルを改装してつくられました。

「私たちの好きな旅のスタイルは、その土地の人や美味しいものに出会い、そこでしかできない体験をすること」という西濱姉妹。そういった旅の醍醐味を経験してもらおうと、東京の仕事を脱サラしてはじめました。同ホステルがあるのは、繁華街からは少し離れた京都市左京区の東丸太町という場所です。豊かな自然の中に昔ながらのお店が立ち並ぶこの地域で、大正時代に創業した銭湯に入ったり周辺の趣ある路地裏を散歩したり。そんなガイドブックには載りにくいスポットを堪能することができます。

  • プロフィール
    笑顔の素敵な姉妹ですね。

内装を手がけたのは、デザイナーである愛乃さん。3階建ての建物は、1階が受付兼カフェラウンジ、2・3階がゲストルームになっています。

ラウンジはコンクリート打ちっぱなしの床に、木材を中心とした家具や、大きな観葉植物が並ぶ現代的な空間。昼間はゲストのリビングルームとして、夜はラウンジとして使用することができます。観光の前後に、ここでのんびり過ごせたら疲れも癒されそうですね。

全17部屋あるゲストルームは、それぞれスタイルが異なっています。主に紺・茶・グレーでまとめられたシングルルームや、まるで北欧のキッズルームのようなドミトリー、どこかアジアンな雰囲気のツインルームなど、訪れる度に「今日はどんな部屋だろう」とワクワクしそうなインテリアです。

  • 0017_xlarge
    こんな部屋で朝を迎えたい。
  • 0081_xlarge
    北欧を思わせる、間仕切りカーテンが可愛いですね。
  • 0089_xlarge
    この部屋から旅がはじまります。
  • 0021_xlarge
    ファミリールームにグループで泊まっても楽しそう!

鴨川近くにある『NINIROOM』。今後は地域のお店などと協力し、地元の日常を体験できるようなイベントやワークショップも開催する予定だそう。
姉妹ならではの京都の過ごし方を、ここで教わってみてはいかがでしょうか。

HOSTEL NINIROOM

NINILOGO

京都市・東丸太町にオープンしたホステル。”京都に住む友達の部屋”をコンセプトに、築40年の元印刷会社のビルをリノベーションしています。

 

住所:京都府京都市左京区東丸太町30-3

 

アクセス:

京阪電鉄「神宮丸太町駅」4番・5番出口より徒歩4分
市営バス「丸太町京阪前」バス停より徒歩1分
市営バス「河原町丸太町」バス停より徒歩7分
京都駅よりタクシーで15分

 

電話番号:075-761-2556

 

公式サイト:https://niniroom.jp/

  • HOW TO RENOVATION
  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?