毎日イベント開催。長野県上田市にあるブック&カフェ【NABO(ネイボ)】

2017.10.03

「本が好きなら、ここは絶対に行ったほうがいい」と教えられたのが、今回紹介する場所。実際に訪れてみたら、これからの時代の「古本屋の在り方」を見せられた気持ちになりました。

古本ネット通販大手の企業が運営する、ブック&カフェ

『バリューブックス』という名前を聞いたことがあるでしょうか。もしピンときたら、きっと本が好きな人。そう、Amazonや楽天といった通販サイトで、古本を販売している企業です。

同社は、本を社会で「循環」させるためのシステムをつくりあげることを目指しています。古本屋で、「払ったお金が作者へも回ればいいのに」と思ったことはないでしょうか。現在のシステムでは、2次的に購入された書籍の場合、出版元に利益が発生することはありません。しかし、もし自分が古本を買ったお金が、本を「つくる側」にも何かしらのカタチで収益になるのであれば、それはまた新しい本を生み出すことへつながるのです。そういった出版社や著者とも回路をつなげるような、新しい古本屋としての役割を構築しようとしています。

そんな企業が、本拠地である長野県の上田市で営業しているのが、新刊本と古本の両方を取り扱うブック&カフェ『NABO(ネイボ)』です。
2階建ての建物にたくさんの本が並ぶ店内は、時間を忘れて、のんびりしてしまいたくなるような居心地のよさ。ネット通販大手だけあって膨大な蔵書を誇り、販売されている書籍たちは頻繁に入れ替わるので、いつ行っても新鮮な出合いがあります。ジャンル分けの札があるわけではないですが、表紙を見るとさり気なく似たテーマでまとまってディスプレイされていて、つい同じ場所で長居してしまいそうです。閉店間際には「どれも良すぎて、選べない!」と涙目になったことも。

  • nabo04
    本棚のそばに置かれた椅子に座って、読みふけってしまいそう。

また、デンマーク語で「隣人」を意味するNABOでは、街や隣人に寄り添うような取り組みを行っています。「野花のリースづくり」、「タイ料理会」、「編み物教室」など、さまざまなイベントを開催。しかも「毎日」しているというのがすごいところです。催しごとに内装や販売している商品も少しずつ変わるので、訪れるたびに違った雰囲気で楽しめます。

  • IMG_20151205_211349
    薄暗い照明で行うトークイベントも素敵。

選ぶのに少し疲れてきたら、出入口前のところで食事や飲み物も注文可能。こちらもイベント出展している飲食店ごとに、違ったメニューを期間限定で販売されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

  • 16358434_981389398660837_262433069_n
    本格的なエスプレッソを飲みながら読書を楽しめる。

新刊本の発売時にはトークイベントも開催されていて、「新しい古本屋」の在り方を模索している様子が伝わってきます。

最近は本屋さんがどんどん閉店してしまい、寂しいかぎり。でも、NABOのような取り組みがこれから増えていったら、少しずつでも変わっていくんじゃないか、そんな風に思わせてくれる空間です。

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

NABO(ネイボ)

about03

古本ネット通販会社大手『バリューブックス』が営業する、ブック&カフェ。毎日さまざまなイベントを開催しています。

 

営業時間:10:00 〜 22:00
定休日:火曜日

 

公式サイト:http://www.nabo.jp/

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/nabobookscafe/

  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!