うつわに触れてみたくなる場所【HOTOKI】

2018.02.17

そそがれる味噌汁やご飯のぬくもりにホッとして心が温まるとき。幸せな時間です。ずっと昔から生活の中に息づいているうつわは、私たちとともに暮らしています。同じ時間を共有する大切なものを専門店で探してみませんか?

五感に響くくつろぎのとき

大きな窓から明るい陽ざしが降りそそぐうつわの店『HOTOKI』は「買える・うつわ」、「使える・カフェ」、「作る・陶芸」の3つが融合されたスペースです。店内にながれるゆっくりとした時間の中でなら自分らしさが見つかるかもしれません。

  • space_img01
    スッキリと配置されたうつわを心ゆくまでながめてみる。

店内には、あえて手作り感を残した『HOTOKI』シリーズのほか、穏やか・静寂をコンセプトにした『calm』シリーズなど、さまざまなアイテムが並びます。その中でも日常使いにこだわった清水焼「トキノハ」。料理が盛られてはじめて完成するようと言えるほどに、控えめでシンプルなデザインです。見て、触れて好みのうつわを買える空間になっています。

  • school_img01
    自分ならではのうつわが作れる醍醐味は手びねりで挑戦。
  • school_img02
    一瞬の油断で崩れてしまうので指先まで集中力が必要です。

さまざまなうつわを目に付けた後は、陶芸の体験やスクールに訪れてください。手びねりで自由なうつわ作りを楽しんだり、ろくろで完成度の高いうつわに挑戦したり。もちろん、親子での体験もできます。土に触れにおいを感じ無心になれるひとときは、自分を見つめるいい機会になるかも。

  • space_img03
    お茶を飲みながらうつわを吟味してみては?

また、カフェスペースで、店内のうつわを自由に選んで使い心地を味わえるのも嬉しいポイント。そこから体験教室をのんびり眺めることもできます。
週替わりで出される季節のケーキやランチのほかに、コーヒーは京都の『大山崎coffee roasters』、紅茶は奈良の和紅茶を使用するというこだわりぶり。
手に取ったときにしっくりくる持ち手もあれば、口に運んでみてはじめて気づく口当たりの良さもあるものです。今日はどのカップを選んでお茶を楽しみますか?

  • grp_crystal171212@2x
    陶工の数だけ種類があるといわれる清水焼を手に取って感じてみませんか?

焼きものには、その美しさに価値を見出す伝統工芸品もあれば、生活にかかせないものもあります。『HOTOKI』が提案するのは、主には日々の生活で使うことに楽しさを感じるうつわたち。今日一日のできごとを何も言わずに包み込んでくれる優しいあたたかさ。ともに暮らしていくそんなうつわに出会ってみませんか?

画像提供:HOTOKI

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

HOTOKI

about_img03

うつわを五感で楽しむ、3つの場所。

 

住所:〒606-0006 京都府京都市左京区岩倉西五田町17-2
TEL&FAX:075-781-1353
営業時間:10時〜19時
定休日:水曜日

 

徒歩:京都市営地下鉄 烏丸線国際会館駅 3番出口より
7分(国際会館駅から630m)

バス:5系統岩倉行
京都駅→四条河原町→三条河原町→岩倉操車場前
(終点)下車徒歩3分

駐車場:2台有り
『タイムズ国際会館西』の西側 西五田ガレージ ①②

 

公式サイト:https://hotoki.jp/

 

  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!