【class vesso】暮らすように泊まる。ローカルリゾートを体験して信州移住を考える。

自然豊かな長野県に、泊まれる住宅展示場『class vesso(クラスベッソ)』という施設が2箇所あります。1つは、御代田町にある『クラスベッソ西軽井沢』。もう1つは、茅野市にある『クラスベッソ蓼科』。どちらも見学して、気に入った建物があれば実際に泊まって暮らし心地を体験することができます。レジャー目的でホテルのように利用することも可能。自分の別荘で過ごすようにくつろぎながら、この土地の魅力を深く知り、「理想の暮らしとは何か」を探してみましょう。

その地で暮らして、はじめて分かることがある。

移住先として人気が高い御代田町は、別荘地として全国的に人気のある軽井沢町の隣にあることから、「西軽井沢」と呼ばれています。近年、豊かな自然と住みよい風土を求めて、移住する人が増えているエリアです。

一方、蓼科は標高が平均で1,000mを超え、日本屈指の避暑地として知られています。

この2つのエリアの魅力を存分に楽しめるのが、クラスベッソ。『クラスベッソ西軽井沢』は、浅間山を眼前にし、高原の風を感じられる場所に。『クラスベッソ蓼科』は深い緑に囲まれた森の中にあります。まさに大自然を五感で感じられるロケーションです。

  • AH3R8010
    山々の雄大さたるや! 西軽井沢までのドライブも気持ちがいいですよ!! (クラスベッソ西軽井沢)
  • 5 (2)
    1歩、外に出れば森が広がります。夏休みの家族旅行にももってこいですね! (クラスベッソ蓼科)

将来的に信州への移住や、週末だけ都会から離れ、地方でスローライフを満喫するマルチハビテーションを考えている方向けの体験施設という側面もあります。そのため『自給自足を考える家』や『空気をデザインする家』、『日本文化を体験する家』など、コンセプチャルに設計されているのが特徴です。
「今回はこの家に泊まって、次回はあの家に!」と試してみるのもいいですね。

  • VOLKS-nR
    木の香りが心地良い「自給自足の家」。自然エネルギーを活用するシステムが搭載されているのだそう。 (クラスベッソ西軽井沢)
  • CAMP
    立地の素晴らしさもさることながら、建物のデザイン性やインテリアのセンスもおしゃれ。 (クラスベッソ西軽井沢)
  • 60HOUSE
    インテリアは、すべて東急ハンズがコーディネート。 (クラスベッソ蓼科)
  • HANDS LOG (2)
    宿泊は、1棟貸し切りなので、気がねなくくつろぐことができそう。 (クラスベッソ蓼科)

クラスベッソ蓼科は、『東急リゾートタウン蓼科 もりぐらし』内にあり、手ぶらでアウトドアグリルを味わえる『グラマラスダイニング蓼科』や、自然共生型アウトドアパーク『フォレストアドベンチャー・蓼科』といった施設も隣接。大自然を手軽に満喫できそうですね。

また、クラスベッソ西軽井沢では、施設周辺のローカルな魅力を知ることができる、移住体験ツアーを開催しています。
例えば、魅力的なスポットをはじめ、公園やお店などの生活インフラ施設を巡るツアーや、実際に移住された方の体験談が聞けるトークイベントなど。
参加することで、ひとりでは知りえなかった信州の魅力を再発見・再発掘できるかもしれません。

  • classvesso_007
    ここで出会った人や家族が、将来のご近所さんかもしれませんね。 (クラスベッソ蓼科)

今の生活を手放して、何も知らないところへと移り住むのは、かなりハードルが高いですよね。真剣に移住やマルチハビテーションを考えはじめた方に向けて、専門のスタッフに相談をすることもできます。
家族で、友達や恋人と。これからの生活に思いをはせながら、西軽井沢や蓼科を訪れてみませんか。

画像提供:住宅アカデメイア

class vesso 西軽井沢

AH3R3797

〒389-0206 長野県北佐久郡御代田町御代田2384-8

 

電話:0267-31-6467

受付時間:9:00~17:00

 

公式サイト:https://www.maruhabi.com/

class vesso 蓼科(たてしな)

7 – コピー

〒391-0301 長野県茅野市北山字鹿山4026-2
東急リゾートタウン蓼科『もりぐらし』敷地内

 

電話:0266-71-9610 / 宿泊専用 0266-69-3810

営業時間:住宅展示場 / 11:00~17:00

宿泊 / check in 17:00〜18:00|check out 10:00

 

公式サイト:https://www.classvesso-tateshina.com/

  • HOW TO RENOVATION
  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?