【vadolibero】自転車のある生活を、もっとスタイリッシュに。

2018.08.10

おしゃれでかっこいいイマドキの自転車。盗難防止のために、自宅の外ではなく室内に置いておく人も増えていますよね。
「自慢の自転車を家の中に置いておけると安心だけれど、場所を取るしインテリアとの相性もイマイチ……」。そんな悩みを解決してくれる、サイクリストのためのブランドがありました。

自転車を、インテリアとしても輝かせる。

『vadolibero(バードリベロ)』は、ミラノに拠点を置くインテリアメーカー。「バイクを愛する人の生活を、より快適で特別なものに」をモットーに、サイクリストのためのアイテムを作り続けています。

同メーカーが送り出しているのは、今まで部屋の雰囲気を壊しがちだった自転車が、スタイリッシュにディスプレイできるようになるインテリアの数々。

自転車を壁掛けできる『KRYON』は、自宅やガレージなどの壁に取り付けることができ、ロックもできるので安心です。

  • 1_kryon_s-top
    スチールステンレス製のフックのKRYONは、設置する場所を選びません。

『NEOS』シリーズは、どこか宇宙船を思わせるレトロかつ未来的なデザインが目を引くアイテム。そこにあるだけで部屋の印象をグッと個性的にしてくれそうです

上に開く卵型のケースは、メッシュポケットとパーテーションつき。サイクリストに不可欠なさまざまなグッズを、整理しながら収納することができます。

  • Neos_WW_Big-2-04
    ヘルメットやシューズ、ウェアや小物、何でも収納できます。
  • Neos_WW_Small-3-2
    耐荷重30kg。かわいいけれど力持ち!

キャビネット付の『ORIGO』シリーズは、自転車スタンドの枠を出た大容量の収納力がポイント。サイクリストにとっての最適なカタチが突き詰められており、ヘルメットやウェア、サングラス、時計に細かいアクセサリーまで、ただ収納するだけでなく、きちんとした整理整頓が可能です。

さらに、トレイの上にケーブル穴があるので、スマートフォンやデジタルカメラ、音楽プレイヤーなどの充電にも便利。これ1つで、サイクリングの準備が整います。

  • 5_origo_w-top
    フレックスメープルで作られた、ナチュラルで美しい『ORIGO C』。

ディスプレイした時の美しさに特化してつくられたのが『DOMUS』です。ハンドルバーをイメージしたスチールラックにはLEDランプが内臓されていて、まるでアート作品のように部屋の雰囲気をラグジュアリーに変えてくれます。

収納は自分好みでカスタマイズ可能。引き出しを増やしたり、雑誌や雑貨を置けるシェルフをつけたりすることもできます。サイクリング用品をしまうも良し、生活雑貨を飾るも良し。使い方は自分次第!

  • shelf-big-2-4
    自分好みにカスタマイズして、メインのインテリアに。

自転車は乗るだけじゃなく、インテリアとしても楽しめる時代に。天気の悪い日に、相棒と部屋の中で過ごすのも悪くないかも!?

vadiolibero

Neos_W_01

handmade in italy.
サイクリストのためのラグジュアリー インテリア デザイン。

 

『NEOS ・ W』

高さ:122 cm

スタンドの高さ:82 cm

ケース幅:48cm

ケースの深さ:58 cm

ケースの高さ:42 cm

重量:16 kg

 

公式サイト:https://vadolibero-jp.com/

(価格・ラインナップは2018年8月現在のものです)

NEOS・W

¥262,000(税別)

  • HOW TO RENOVATION
  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?