ものづくりの町・燕三条の職人技が光る【TSBBQ ホットサンドメーカー】  

古くからものづくりの町として栄えてきた新潟県燕三条地域では、世界に誇れる技術を持った多くの職人たちが、日々、その腕を振るっています。その地域で生まれた新プランド『TSBBQ』。質の高いアイテムたちの中から、アウトドアでも大活躍するこんな逸品を見つけてきました。

キャンプやBBQに、マストのアイテム!

TSBBQは、一生ものの包丁やペグ、独自性のあるアウトドアアイテムを扱う『株式会社山谷産業』が、「燕三条から職人の技術の大切さを広く発信していきたい」という思いから、アートディレクターに石川竜太さんを迎えて立ち上げたアウトドアブランド。名前は、『Tsubame Sanjo BBQ』と『Try stylish BBQ』の2つの頭文字から生まれました。

  • logo_image
    バーベキューの金網をイメージさせるイラスト。

そんな新進気鋭のブランドから発売されているのが、TSBBQのロゴが焼印されるホットサンドメーカーです。これひとつあれば、食パンに具材を挟んで焼くだけで、おしゃれなホットサンドが仕上がる優れもの。パンの耳を切る必要がなく、包むペーパーさえあればお皿もいらないので、アウトドアでの食事にもってこいですね。

  • maker_right
    焼印があると、ぐっとおしゃれに!

見た目のスタイリッシュさだけでなく、製品としての完成度が高いのが燕三条ブランド。90度に開いたままで固定できたり、持ち手にストッパーが付いていたりと、細かいところにも気が利いています。セパレート式になっているので、片面だけをフライパンとして使用することも可能。これもまた、荷物をなるべく減らしたいキャンプなどに嬉しいポイントですね。

  • スクリーンショット 2018-02-10 14.26.52
    調理中に手を離せるのも嬉しい!

アウトドアに限らず、自宅でも使いたくなるホットサンドメーカー。朝食もこれひとつあれば、カフェさながらのモーニングプレートが作れます。パンに挟む具材をアレンジしてみるのも楽しいですね。ハムやレタス、チーズが定番ですが、余ったパスタ用のミートソースやカレーなどを使いまわせば、節約にもなります。納豆などの和素材も、意外に相性がいいかも。また、おやつには、あんことバターをプレスしてみてはいかがでしょうか?

アレンジレシピも豊富なホットサンドで、これまで食卓になかったレパートリーを増やしてみましょう!

TSBBQ ホットサンドメーカー

61TV8wD1gL._SL1500_

ロゴの焼印が特徴的なホットサンドメーカー

 

材質:本体 アルミニウム合金
(フッ素樹脂加工)
ハンドル ステンレス/フェノール樹脂
重量:777g
サイズ:16×37.4cm
製造:新潟県燕市

 

公式サイト:http://www.yamac.co.jp/tsbbq/
(価格・ラインナップは2018年3月現在のものです)

TSBBQ ホットサンドメーカー

¥3,240(税込)

  • HOW TO RENOVATION
  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?