背伸びは不要。気軽にワンランク上の私へ【TOKYO PIG SKIN】

2018.03.29

年月が経過するほどに味わいを増す、革製品。牛や羊などさまざまな動物から作られていますが、近年汎用性が高いと人気を集めているのが、豚の革・ピッグスキンです。日本の職人技とピッグスキンが出会い、生活に彩りを加えるアイテムができました。

匠の伝統技術を、もっと気軽に取り入れて

ものを大量に買って消費することが豊かさを表す時代は、終わりを迎えました。長く使い続けられる1品を持つことが、生活を豊かにすると考える人が増えていますね。1つのアイテムを大切にすれば、かけた時間のぶんだけ価値がやどります。それは無理に背伸びをすることなく、自分のレベルまで高めてくれるのです。

ワンランク上の自分を目指して質にこだわる方におすすめしたいのが、『AKOMEYA』オリジナル商品の『TOKYO PIG SKIN』。トートバッグ、ポーチ、鍵入れ、カードケースの4製品を展開していて、毎日持ち歩きたくなります。

  • アイテム4つ
    とても軽く、摩擦に強いんです。滑らかな手触りも気持ちいい。

『AKOMEYA』は、全国の美味しいお米を扱うブランド。一見ピッグスキンとは何の関係もありませんが、どちらにおいても「つなぎ手」という役割を担っています。「美味しいお米を作る人と、食べたい人」をつなぐように、「伝統的な魅力あるものを作る人と、それを使いたい人」をつなぎたい。その考えが、お米屋さんの雑貨販売に表れているのです。

皮を革へと変える鞣し(なめし)の作業は国内豚革生産の90%を占める東京・墨田区で行われ、その後ベージュ・イエロー・ブルー・グレー・ブラックの5色に染められます。そして形を作るのは、1975年に兵庫県富岡市で創業した『コニー株式会社』の鞄職人。匠の技と豚革の個性が融合し、長期間愛用できるハイクオリティなプロダクトが完成します。

  • トートハンドル
    ハンドルには染色や加工が施されていないヌメ革を採用。使うほどに味が出ます。

トートバッグは財布や手帳など、最低限必要なものを入れられる小さめサイズ。内側にカードを収納できるポケットがあり、使い勝手は抜群です。
そして、ポーチはリップや手鏡など、サッと取り出したい小物を入れるのに便利。
また鍵を包み込んで傷つけない構造の鍵入れは、金具をトートバッグに付けられます。おそろいの色をチョイスして、セットにするのがおすすめです。
最後に一枚革で作られたカードケースは、シンプルで飽きないデザイン。名刺入れとして活用できます。

  • ポーチ長め
    長めのジッパーで、口が端までガバっと開く! 中身が取り出しやすいです。
  • 鍵入れ
    もう鞄をガサゴソ漁る必要はありません。スマートに鍵を取り出しましょう。
  • カードケース
    ビジネスマンのおともに、年々風合いが変わる豚革を採用してみては?

革製品は、だんだんと自分に馴染んでくるという趣があるものです。数ある革の中でもピッグスキンは、気取りすぎずカジュアルすぎない心地よさを提供してくれます。

クオリティ・オブ・ライフを少し上げたいときに、無理な背伸びは禁物。いつもより一段階上のプロダクトをセレクトすることで、上質な生活を楽しむ大人に一歩近づいてみませんか?

TOKYO PIG SKIN

アイテム紹介

高級すぎず、でもカジュアルすぎない、AKOMEYAオリジナルの「TOKYO PIG SKIN」シリーズが誕生します。日常使いに最適なピッグスキンを素材に、4型5色のバッグや小物入れをご用意しました。

 

 

tesage-bag(テサゲ バッグ)
サイズ:W240×H270mm

 

komono-ire(コモノ イレ)
サイズ:W135×H100mm

 

kagi-ire(カギ イレ)
サイズ:W70×H105mm

 

tefuda-ire(テフダ イレ)
サイズ:W105×H70mm

 

 

公式サイト:http://www.akomeya.jp/
(価格・ラインナップは2018年3月現在のものです。)

TOKYO PIG SKIN tesage-bag

¥13,000(税別)

TOKYO PIG SKIN komono-ire

¥7,000(税別)

TOKYO PIG SKIN kagi-ire

¥6,500(税別)

TOKYO PIG SKIN tefuda-ire

¥5,000(税別)

  • HOW TO RENOVATION
  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?