【棚+】あなたが望めば、何にだってなれる。

2018.07.12

家が狭く、家具を置くためのスペースが確保できない。使う場所を選ばない家具が欲しい。特に都会住まいの方は、そんな風に思うことも多いはず。
そこで、使わないときはコンパクトに収納できて、家中どこにでも持ち運べる机や棚があったら便利だと思いませんか?

勉強に使う? 雑貨を飾る?? アレンジは無限大

学習机や棚などの家具は大きいので、設置には広いスペースが必要です。しかし、近年は狭小住宅が増えているため、できるだけ家具に割くスペースは小さくしたいもの。そこで、壁に金具を付けて引っかけることで机や棚になる『棚+』がおすすめです。使わないときは閉じておけるので、部屋を圧迫しません。

  • 額縁
    使い終わったら閉じる。これで部屋も広々。

販売しているのは、東京都にある細田木工所。3代目の細田真之介氏が中心となり、1990年代生まれのクリエイターが集まって『SOF(Sense Of Fun)』というプロジェクトを立ち上げています。多様性を重んじる現代のライフスタイルに合うよう、今までになかった新しい商品づくりを行っているのが特長です。プロジェクトの1つとして、環境への配慮と永く使い続けられる機能にこだわったものを作りたいという思いから生まれたのが、本製品。

壁に金具を取り付け、そこにボードを引っかけることで、開閉可能な机や棚が完成します。金具を異なる場所に付けておけば、ボードを取り外して移動させられるのが魅力です。

  • 金具
    一度金具を取り付ければ、あとは引っかけるだけでOK!

活用方法を問わない機能性の高さもポイント。子供の学習机としても、お気に入りの雑貨を飾るコレクションボードとしても活躍するため、アイディア次第でさまざまな応用が効きます。

  • パソコンデスク
    電源を確保してパソコンを置けば、あっという間にパソコンデスクに。

また、機能だけでなく素材にもこだわりが。本製品は北海道産シラカバの間伐材で作られています。森林が成長するためには避けられない間伐から出た木材を、無駄なく活用することで、環境への優しさも忘れません。

  • 断面
    美しい断面も魅力です。

シンプルなデザインで用途を選ばず、家中どこでも使える本製品。多様化する現代のライフスタイルに寄り添い、長期的に使える家具といえるでしょう。資源を有効に活用しているため、環境への影響を考えているのもポイントです。

必要なときにそっと手を差し伸べてくれる便利なアイテムを、暮らしに取り入れてみませんか。

棚+

アイキャッチ商品紹介

棚+は、用途や場所を選ばない、柔軟な家具です。本棚、こども机、スタンディングデスク、キャットウォークなど、使い方は人それぞれです。北海道の間伐材で作られた合板は、強度があり、どのインテリアにも馴染むナチュラルなデザインで、家族の成長に寄り添い永くご使用いただけます。

 

(以下は棚+シナウレタンの詳細)

・全体サイズ:W700 × H500 × D23mm

・棚サイズ :W592 × H392 × D23mm

・芯材:ecoシラ合板 表面材:シナ 仕上げ:ウレタン塗装

 

公式サイト:http://sof.boo.jp/

(価格・ラインナップは2018年7月現在のものです)

棚+

¥31,104〜42,120(税込)

  • HOW TO RENOVATION
  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?