空間を音で満たす!? 新感覚のスピーカー【SOUND TABLE】

参照元:https://kamarq.jp/

私が子どもの頃、当然ですがスピーカーはいわゆる「スピーカーの体」をなしていました。ところが技術が進歩し、言うなればキックや寝技、何でもありの総合格闘試合(オーディオ版)のラウンドに突入といっても過言ではないのかもしれません。

加速するオーディオ合戦に新たな挑戦者現る⁇

スピーカーの形は従来通りのものもあれば、間接照明の機能がついていたり、マグボトルとして使えたり、各社の個性が強く打ち出されてきました。そんな激しさを増す攻防戦に、新たな勢力(!?)として参戦するのが、『SOUND TABLE』です。

本プロダクトはスピーカー付きテーブルではなく、次世代型の平面スピーカー。天板全体から音を奏でる新しいタイプの製品です。2017年5月にアメリカ最大のクラウドファンディング『Kickstarter』で資金調達に成功し、世に送り出されました。まさかテーブルの天板そのものが音響機器になってしまうなんて、その斬新さになんだかワクワクしてしまいませんか?

  • soundtable_ 2
    音で満たされた中でのティータイムに、思わずにっこり!

スマホアプリで時刻を登録すれば、設定した時間に指定の音楽を聴くことができるのもポイント。

ダイニングテーブルだけではなく、サイドテーブルも展開されているため、ベッドの横に設置する使い方もできます。目覚めの一曲として、大好きなアーティストをセットしてもいいですね! お気に入りの音で寝室が満たされていれば、寝覚めの悪い人も、カウンターの拳を目覚まし時計にお見舞いする気分には到底ならないはず(笑)

さらに嬉しいのが、アプリ上で居住地域を設定することで天気に合わせたサウンドを奏でてくれます。例えば、突然雨が降ってきた場合、心地よい音色を響かせて天気の変化を教えてくれるという、何とも粋な機能なのです!

このテーブルで好みの曲を流しながらお仕事をすると、いつも以上にはかどるかもしれません。

  • soundtable_ 2_2
    帰宅時間に音楽を流す使い方も可能です。
  • img-store02
    ベッド横のサイドテーブルとしても、丁度よいサイズ。

ティータイムやソファでのくつろぎタイムに、豊かな音色を追加してみませんか? 新しいもの好き、音楽好きな人には、まさに会心の一撃ともいえる製品。テーブルから響く美しい調べが何気ない日常に華を添えてくれるはずですよ。

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

SOUND TABLE

soundtable_color

テーブル自体が音を奏でるスピーカー内蔵型テーブルです。

3色3サイズの製品展開。

 

サイズ: W1500×D700×H700 脚間長 約747mm~

重さ : 約50.5kg~

bluetooth: bluetooth標準規格ver.4.0

対応プロファイル : A2DP

通信距離 : 約10m(見通し距離)

最大出力 :10W

電源電圧  : AC100V 50Hz/60Hz

耐荷重:100㎏

その他  :USB充電ポート×1口、電源タップ1口

 

公式サイト:https://kamarq.jp/products/soundtable/

(価格・ラインナップは2018年1月現在のものです)

SOUND TABLE MODERN DELTA(Bi-Color M)

¥98,000〜(税別)

  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!