自分でつくる「スロー」な時間【SLOW COFFEE STYLE】

2018.02.22

朝起きて出かけるまでの時間、あなたはどう過ごしていますか?
ギリギリに起きて、着替えをすませて玄関から飛び出すだけでは、もったいないかもしれません。バタバタしてしまいがちな1日の始まりこそ大切に。ゆったり心を落ち着かせる時間に変えてみませんか?

忙しい毎日だからこそ、時間の価値を高めよう。

ハンドドリップでコーヒーを淹れると、日常の忙しさを忘れられるような気がします。フィルターにコーヒーの粉をセットし、はじめに全体を湿らせるように湯を注いで蒸らす。その時にふわーんと広がるいい香りに包まれながら、ゆっくりと下へ落ちてゆく雫を見つめる瞬間は、ゆったりとした時間そのもののように感じます。

『SLOW COFFEE STYLE』はテーブルウェアなどの企画開発を手がける『KINTO(キントー)』から、そんな“スローな時間を楽しむため”に生み出されたコーヒーウェアシリーズです。

ジャグやカラフェを見てください。1つ1つ形成されたハンドルや丸みのあるフォルムは、すべてに人の手が加えられることで、はじめて出来上がるものばかり。それぞれに、温かみのある存在感を放っています。

  • carafe_st_15072202
    この一瞬が最高の贅沢かもしれません。
  • carafe_st_15072204
    アンティークの水差しのようなフォルムがGOOD!

ハンドドリップを始めるうえでまず手に入れたいカラフェセットは、異なった2つのフィルターから選ぶことができます。

マイルドな飲み心地が好きな人は、『プラスチックブリュアー』。ペーパーフィルターを通すので、クリアですっきりとした味わいを楽しめます。

『ステンレスフィルター』は、粉を直接入れてドリップできるタイプ。コーヒーオイルがそのまま抽出されるので、豆本来のアロマをダイレクトに楽しめます。耐久性のある素材なので何度も繰り返し使える優れもの。ペーパーを使わないエコな一面も嬉しいです。

  • filter_st_15072201
    あなたは香りを楽しむ派? それとも、すっきり派??
  • holder_15072203
    豆の計量に使えるホルダーは、ブリュワーのレストとしても活躍!

飲み心地にこだわりはじめたら、他にもいろいろ揃えたくなっちゃいますよね!

合わせて買いたいコーヒーカップはスタッキングタイプにすれば、収納もすっきり。主張しすぎない色使いで、インテリアの一部としてお部屋に馴染みます。

厳選して選んだ豆も、しまい込むのはもったいない。丸いコルク栓が可愛いガラスキャニスターに詰めてリビングから見えるところに並べれば、毎日コーヒータイムが来るのが待ち遠しくなるかも。

  • bottlit_15072203
    サイズ違いで揃えて、並べて置きたい可愛いフォルム。
  • mugstack_15072201
    積み重ねて飾れるから、何個でも置いておきたくなっちゃう!

ついバタバタと過ごしてしまってしまう毎日。「ホッ」とゆっくり深呼吸する時間を作るだけで、新たな日常が見えて来るかもしれません。あなたもスローな贅沢、はじめてみませんか?

SLOW COFFEE STYLE

スクリーンショット 2018-02-02 22.07.33

『SLOW COFFEE STYLE』は、インテリア感覚のあるコーヒーウェア。住空間にナチュラルになじみ、ハンドドリップする時間そのものがスマートで、心地よく感じられます。1日にコンマ(句読点)を打つように、ハンドドリップでコーヒーを淹れる豊かな時間をお楽しみください。

 

 

コーヒーカラフェセット

サイズ:φ125×H180×W150 mm / 1.1 L
素材:耐熱ガラス
(ステンレス製)18-8ステンレス、飽和ポリエステル樹脂、AS樹脂
(プラスチック製)飽和ポリエステル樹脂、AS樹脂、コットンパルプ、木材パルプ

 

BOTTLITキャニスター

サイズ:φ45×H165×W65 mm / 300 ml
素材:耐熱ガラス、コルク

 

スタックマグ

サイズ:φ85×H90×W110 mm / 320 ml
素材:磁器
カラー:ホワイト・オレンジ・グレー・ネイビー

 

 

公式サイト:http://www.kinto.co.jp/

(価格・ラインナップは2018年2月現在のものです。)

 

 

コーヒーカラフェセット(ステンレス)600ml

¥4,320(税込)

コーヒーカラフェセット(プラスチック)600ml

¥3,240(税込)

BOTTLITキャニスター300ml

¥1,512(税込)

スタックマグ

¥1,080(税込)

  • HOW TO RENOVATION
  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?