日本の繊細なデザインとたしかな技術をちょうどいいサイズで。【SHARP / プラズマクラスター冷蔵庫】

2017.09.09

国産家電の一翼を担ってきた白物家電といえば冷蔵庫ですよね。毎シーズン各社がさまざまな特色を生かした製品を、つぎつぎと生み出しています。近年では、海外メーカーも選択肢として上がるようになってきましたが、やっぱり日本の家電はすごかった……。

メーカーの代名詞も、もちろんついてます!

もはや聞いたことがない人はいないであろう、超大手の家電メーカー『SHARP』。お家の中を見回して、何かしらシャープ製の家電があるという人も多いのではないでしょうか?
今回ご紹介するのは、主に単身者をターゲットにした『プラズマクラスター冷蔵庫』。ひとり暮らしの場合、80ℓから大きくても200ℓくらいまでが目安とされていますが、その間の137ℓという、小さすぎず大きすぎないサイズになっています。

小型だからといってあなどるなかれ。日本メーカーならではの充実した機能も見逃せません。
まずはシャープといえばこれ、『プラズマクラスター』を搭載している点。これによって除菌された、きれいな冷気が庫内を循環して、いつでも清潔に保ってくれるのは嬉しいですよね。

つぎに引越しや模様替えの際に活躍するのが『つけかえどっちもドア』。冷蔵庫を置く場所って、ドアの開く方向によって大きく左右されます。でもこのドアは、右開きと左開きを簡単に変更できるので安心です。新居に移って「あれ!? この冷蔵庫つかえないじゃん!!」なんてときも、マイナスドライバー1本で解決できますよ。

  • sharp_2
    清潔な庫内で食品も安全・安心・美味しいままに!
  • sharp_3
    簡単な作業で自由に変更。不安な方はシャープお客様相談センターに相談すれば対応してもらえます。

またこの冷蔵庫をオススメする最大の理由は、そのデザインです。これまでの大きなボディで感じた野暮ったさ。それをフラットな設計をすることで、スラッと引き締まった印象にかえています。それに加えて、ドアにはうっとりしてしまいそうな、上質感あふれるガラスドアを採用。

見た目にも優れたその佇まいは、ひとつのインテリアとして、お部屋の雰囲気を壊すことなく、むしろ理想に近づけてくれるはずですよ。展開されているカラーは「ピュアブラック」「クリアホワイト」「メタリックベージュ」の3色。モダンからナチュラルなテイストまで幅広いシーンにマッチします。

  • sharp_9
    フラットスタイルのトップテーブル。水平が美しい!
  • sharp_5
    右の2機種は容量350ℓ、左が本製品。サイズを比べるとこんなに違うんです。
  • sharp_6
    スタイリッシュなピュアブラック
  • sharp_8
    ナチュラルなクリアホワイト
  • sharp_7
    オールマイティーなメタリックベージュ

ひとり暮らしだと、「しばらく使えれば」と思って、特にこだわることなく冷蔵庫を購入する人も多いかもしれません。でも、そんな風に選んでしまうと、妙に気に入らなかったりしませんか? 毎日のように触れる家電だからこそ、こだわりのカタチを探してみてください。

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

プラズマクラスター冷蔵庫 SJ-GD14C

sharp_6

ドア数:2ドア
定格内容積:137L
外形寸法:480×600x1125mm
カラー:ピュアブラック / クリアホワイト / メタリックベージュ

 

公式サイト:http://www.sharp.co.jp/

 

(価格・ラインナップは2017年9月現在のものです)

SJ-GD14C-B

オープン価格

  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!