天気がインテリアに。よりシンプルな生活へ【QM weather.】

皆さんは天気をチェックする時に、何で確認しますか? テレビはもちろん、今はスマホのアプリでも見れますよね。私の場合は、ギリギリまで寝てしまうので、朝はバタバタして天気予報をチェックせずに玄関を飛び出しちゃっています。なので、外に出てから「傘忘れた〜!」「上着忘れた〜!」なんてことがしょっちゅう起きてしまっていて、毎日大変なんです。

ちょっとした時間の積み重ねで、無駄を省く

今回、紹介するのは天気や気温を一瞬で知らせてくれるIoTサイネージ『QM weather.』です。IoTというのは、Internet of Thingsの略で、モノをインターネット経由で通信させるという意味。身近なものでいえば、スマホやタブレットなどの情報通信機器もそれにあたります。

『QM weather.』はインターネット上の天気情報を自動的に取得して映し出してくれるという、シンプルですがとても便利なデバイス。透明なディスプレイに映るアイコンの「点灯」で現在の天気、「点滅」で予報天気を知らせしてくれます。予報気温は「ライトの色」でわかるようになっていて、気温が高い方から順に、赤→オレンジ→白→青へと切り替わるので、直感的に外の状況を把握できるんです。服のチョイスに悩む時間が省略できて、忙しい朝にはとっても助かりますよね。

  • sub11
    まるで空気のように馴染むディスプレイ。
  • sub18
    専用のアプリを使えば、就寝時の光の色の設定も可能です。

シンプルでありながら、個性が光るデザインも特徴のひとつ。この製品には4組のデザイナーが参加しており、それぞれが解釈した天気アイコンのデザインを選ぶことができます。木のぬくもりを感じる台座も4色展開されているので、自分の好みにピッタリな組み合わせを見つけてみてください。また、場所を取らないサイズのため、どこに置いても馴染んでくれてインテリアとしても機能してくれます。

  • sub13
    未来的な雰囲気を感じさせる天気アイコン。(Designed by Digital Habits)
  • sub14
    そっと生活に寄り添えるような佇まいです。(Designed by artless)
  • sub12
    サイズの異なるドットの集合体で形成されたシンプルなデザイン(Designed by QM)
  • sub5
    どこかホッとする、日本人に馴染みの深い「紋」で天気を表現(Designed by 京源)

天気って毎日気になることなので、生活の中で自然とわかると本当に便利ですよね。
外の状況が分からない時や、朝の洋服選びの時、または傘を忘れないようにと置く場所も工夫すれば、ちょっとした時間を短縮することができます。私みたいに朝はバタバタしてしまう人や、毎日の天気を調べるのは面倒くさいという方はぜひ、取り入れてみてはいかがでしょうか?

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

QM weather.

sub12

天気アイコンの光り方と色で天気予報を映し出す、天気を感じるIoTサイネージ

 

対応OS iOS8.0以降 (Android 対応予定)
ウッドカラー:全4種類
アイコンデザイン:全4種類(QM、artless、京源、Digital Habits)

 

公式サイト:http://qmweather.jp/

 

2017年7月20日より蔦屋書店(中目黒店、柏の葉店)、二子玉川 蔦屋家電、NU茶屋町にて販売開始。KAMARQのECサイト他、順次拡大予定。

(価格・ラインナップは2017年10月現在のものです)

 

QM weather.

¥13,000(税別)

  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!