【+d ポップアップアニマル】頭の中の動物を、オブジェに

参照元:http://h-concept.jp/

2018.06.01

皆さんは、「象の絵を描いてください」と言われたらどんな絵を描くでしょうか? 「耳の形はどうだったかな?」「鼻の長さはどのくらい?」と細かく想像していくと、途中で、「あれ? どうだったっけ??」ということが多いものです。うまい人もいれば、不器用な人もいる。どちらにせよ、出来上がった絵はそれぞれに、その人らしさがあって面白いものです。そんな、つくる人の頭の中の動物のイメージを、オブジェにして飾ることができたら楽しいと思いませんか?

動物が飛び出すシート!?

1枚のシートから手乗りサイズの可愛い動物ができあがるオブジェ制作キットが『+d ポップアップアニマル』です。「飛び出す(ポップアップ)」という名前のとおり、平べったい板からだんだんと生き物が立ち現れてきます。

アルミニウムと合成皮革で貼り合わせた新素材でできており、粘土のような不思議な感触。簡単に曲がるので、それをグニャグニャと変形させて、自由にカタチをつくっていきます。細かい部分まで調整ができるので、片足を上げて躍動感を表現してもよし、頭を下げて悲しんでいる様子にしてもよし、さまざまなシーンがつくれそうですね。

  • 0869160C-305E-4E97-A225-F349991D71A5
    この状態から、あの動物の形が想像できるでしょうか?
  • pop16
    手乗りサイズになると、ゴリラもかわいい。
  • D45BD3B5-D4B4-4092-B902-DF81CDB599BA
    クリップ置き場が、ゾウの水浴び風景に。

シートの独特な形状は、デザイナーが何度も動物園に通って生み出されたもの。お腹の形や首の角度、脚の長さなど、試作を繰り返してたどり着いたバランスなのです。なので、初めての方でも、何となくその動物を思い浮かべながら曲げていくと、しっかりとした見た目に仕上がります。そこからは個人の感覚で、耳をパタパタとさせてみたり、歩いているように前後に脚をまげてみたり、いろいろと試してみてください。

  • pop09
    想像したのは子ゾウ、親ゾウ? 大きさも自由自在です。

種類はゾウ、キリン、ゴリラ、クマの4つ。それぞれに、よく見るとユニークな形をした動物たちです。また、合皮の部分とアルミの部分をリバーシブルで使えるので、銀色の不思議な雰囲気を楽しむこともできますよ。シンプルな遊びなのに、ついつい夢中になってしまうポップアップアニマル。つくった後は、動物の形が気になり始め、実際に動物に会いに行きたくなることでしょう。その時は、もういつもの見方とは違う真剣なまなざしで観察することになりそうです。

  • E18C0C09-4F17-4426-B8AA-31BF4DD26F25
    合皮のマットな質感も、アルミの近未来な雰囲気もどちらも捨て入れない。
  • 37A55AF5-1068-4095-9585-A99B9DE9D780
    モノトーンな空間に、スッキリと合わせたい。

つくる人の個性が現れる、ポップアップアニマルの動物オブジェたち。自分でつくった一体は、かわいいものです。お部屋のインテリアに組み合わせると、既製品とは違うほっこり感が漂います。あなたの頭の中にいる生きものたちは、いったいどんな形をしていますか?

+d ポップアップアニマル

pop15

1枚のシートから立体の動物のオブジェができあがります。同じ動物でも作る人によって個性はさまざまです。

サイズ:
ゾウ 約W157×D1.5×H175mm
キリン 約W144×D1.5×H175mm
クマ 約W141×D1.5×H150mm
ゴリラ 約W175×D1.5×H128mm

 

公式サイト:https://koncent.jp/?pid=112467562

+d ポップアップアニマル

¥864(税込)

  • HOW TO RENOVATION
  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?