温かなパンの持つ幸福を、永遠に閉じ込める。【パンプシェード】

2017.09.18

朝、ふんわりと香るパンの匂いに、ぐうっとお腹が反応して、目が覚める。そしてテーブルの上には湯気を立てる温かなパンが用意されている。そんなシーンをイメージすると、いつだってとても幸せな気持ちになってしまいます。パンってもう、存在そのものが幸せと結びつくものだと思うから。今回は、そんなパンをモチーフにしたプロダクトをご紹介します。

パンが、好き。ただそれだけ。

パンが好き。
食べて“おいしい”だけではなく、その豊かな香り、ころんとした可愛い形、優しい色合い……見ているだけで、その温かさに触れるだけで、幸せな気持ちになれるから。そんな深い愛情をもってパンと接していたのが、『パンプシェード』の制作者である森田優希子さんです。

彼女がパン屋で勤務していた時、毎日廃棄になるパンが可哀想でたまらず、どうにかすることはできないのか、と試行錯誤した結果、生まれたのがこのパンプシェード。本物のパンに特殊な加工を施し、パンの持つ“幸福感”はそのままに、インテリアとして新たな命を吹き込みました。

  • 1a9fc33c9d967fbe244c2c814f010fff
    いまにもふんわりと、パンの香りが漂ってきそうですね。
  • 0bf3ef958d1a79859b2a7da9b27ec2e2
    もちろん贈り物としても◎! どんな反応をするかワクワクしちゃいます。

もしかしたらパンを模したランプは他にもあるかもしれません。しかしパンプシェードには、本物のパンしか持ちえない、幸福の雰囲気があります。

小さな小さな小麦から、人の体温でまとめられ、発酵し、膨らみ、やっとパンとしての生を受ける。そんなに手をかけられて生まれてきたパンを、また手をかけて、愛をこめてランプとして、生を授けたのがパンプシェードです。

パンの持っているその独特の魅力と、人の心を温める作用はそのままに、食べることとは違う観点から新たな魅力を付与しました。

  • パン02 (2)
    お皿に乗せたらもう、見分けがつかない! キュートないたずらもできちゃいそうです。

仕事で失敗をしてしまって落ち込んだとき、大切な人と喧嘩をして涙がこぼれてしまったとき、原因は分からないけれど悲しい気分に支配されてしまったとき。そんな時にこのパンプシェードをカチッとつけて、温かいお茶でも飲みながら過ごしてみてほしいと思います。
焼きたてのパンを前にして、涙を落すのが難しいように、このライトを前にすると、心がすんなりほぐれてくるはずです。愛から生まれたこのパンプシェードの柔らかな光が、あなたの感情をそっと、包んでくれるでしょう。

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

【パンプシェード(バタール)】

pampshade

日本でフランスパンといえばこの形、太短いバタール。
クープが3つ入り、柔らかい明かりが全体に回ります。

 

コンセントタイプのため、間接照明としてもご使用いただけます。
裏側には1箇所にフックをお付けしておりますので、
壁にかけてもOK。大きさは、直径36cm前後です。

 

素材:強力粉、薄力粉、イースト、LED、アダプター、他
電源:コンセントタイプ(100V)
仕様:三角フックが1箇所についているので簡単に壁掛けできます。

 

パンプシェード(バタール)

¥15,120(税込)

  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!