基本をおさえた、レトロかわいいバケツブランド【OBAKETSU】

お掃除で使うようなシンプルな金属のバケツ。ありふれたもののように思えるのですが、探すと意外と見つからないものです。「OBAKETSU」にはそうして探していた普通のバケツがあるだけでなく、バケツの応用性の高さを感じるアイテムがたくさん揃っていました。

バケツの基本をおさえたバケツらしいバケツ

あなたはバケツを何に使いますか?

掃除や洗濯に使ったり、お花の水切りをしたり、水を入れることが多いですよね。つまり、バケツの基本は水がもれないこと。言うまでもないことのようですが、先日、私が100円ショップで購入した金属製のミニバケツは見事に水がもれました。当たり前ではないんですね、水もれしないというのは。

「OBAKETSU」をつくっている渡辺金属工業は大正12年から金属バケツ一筋の会社で、この水もれチェックを徹底して行っています。実際にできあがったバケツに水を入れて、バケツがバケツたり得ているかを確認してから出荷しているのです。

 

obaketsu03

参照元:http://obaketsu.com/

「OBAKETSU」は渡辺金属工業のオリジナルブランドで、いわゆるバケツのほかにもダスト缶や食品ストッカーなど、さまざまなバリエーションがあります。そのなかにはバケツではなくても水をためて使うものも。そういったアイテムには水漏れ防止加工がしてあり、バケツ会社のこだわりとして必ず水漏れのチェックしているそう。そこまでしているなら、安心ですよね。

それから、素材。心のなかのバケツのイメージにピタリと合致するこの金属は、屋根材としても使われるトタンです。なので、外に放っておいても錆びにくいんですね。
実は、以前、私が住んでいたシェアハウスでは屋外のダストボックスとして「OBAKETSU」を使っていたのですが、紫外線で色が変わることもなく、雨に濡れても、上に雪が積もっても、凛々しい姿を保っていました。

そうやって利用シーンを思い返してみると、バケツに対しては無意識に、手荒に扱ってもダメにならないことを期待していたりしませんか?
その点、さびにくくて頑丈な「OBAKETSU」はとても優秀です。デザインにもなっている表面の蛇腹は強度を向上させる役割もあり、かなり丈夫にできています。シリーズのなかにはなんと、スツールになるものも。人が上に乗ってもビクともしません。

人が求めるバケツらしさを忘れない、基本を押さえたバケツなのです。
(「OBAKETSU」は30工程におよぶ製造工程はすべて人の手をかけているそうで、もっと丁寧に扱うべきかもしれませんが……。)

シンプルでレトロなデザインは応用範囲も広い

レトロなデザインがかわいい「OBAKETSU」のバリエーションは100種類以上。シンプルなシルバーのほか、赤や黒、グリーンなど、お部屋のアクセントになるカラーが揃っています。出しっぱなしでも気にならないというより、むしろ見せたくなるようなデザインなので、「OBAKETSU」を活かすインテリアを考えるのも楽しいかもしれませんね。

サイズや種類も豊富で、「足湯バケツ」や「おむつ消臭ペール」といったアイディア商品も。商品をながめていると、バケツの応用範囲の広さに驚かされます。

基本をおさえたバケツなら、安心して応用も楽しめるはず。
あなたもおひとつ、いかがですか?

 

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

OBAKETSU

-e1456184928455

渡辺金属工業の製造するバケツのブランド。

【公式サイト】http://obaketsu.com/

  • Renovation Styleとは?

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!