ひと振りで、ビジネスに突破口を【日本刀はさみ / 名刀ペーパーナイフ】

2018.03.04

時は戦国、多くの侍(会社員)たちが天下(出世)を目指さんとする現代。身を守り、時代を切り開くための技と精神、そして道具が必要です。戦場で抜刀するときは覚悟を決めたとき。どんな屈強な敵(封筒)でも、ひと振りで切り裂く名刀が、あなたが名を馳せるための相棒になってくれます。

匠の技を惜しみなく、1本に込めて。

岐阜県関市は鎌倉時代に『関の孫六』など「折れず曲がらずよく切れる」と称された日本刀を産んだ日本屈指の刃物の産地。そこに本社を構える『ニッケン刃物株式会社』が製造・販売するのが、戦国時代や明治維新の武将たちの愛刀をモチーフにしたハサミとペーパーナイフです。関市の刃物職人が1本ずつ刃付けを手がけたというから、その切れ味は折り紙つき。

しかし、このシリーズの最大の特徴はそのデザインであることは間違いありません。ひと目見ただけで惹かれてしまうのは、刀の持つ美しさを見事に再現しているからでしょうか。刃紋のひと筋、鞘の装飾のすべてに至るまで、匠の技を感じさせる丁寧な仕上げになっています。

  • nihonto_7
    西郷隆盛の愛刀「千子村正」がモチーフ。男らしく威厳を感じさせます。
  • nihonto_8
    紫の陣羽織がトレードマークだった伊達政宗。
  • nihonto_9
    騎馬隊で戦場を駆け巡った武田信玄。風林火山を彷彿とさせるカラーですね。
  • nihonto_10
    信州・上田のヒーロー真田丸こと、真田幸村モデルは情熱の赤。

大切な愛刀は、普通に机にしまってはいけません。デスクの上に居場所をつくりましょう。なんせ自分を守るために手にした刃。雑な扱いは武士道に反します。

現在ラインナップされている商品には、すべて掛け台が付属。さらに唯一のハサミである『日本刀はさみ 織田信長プレミアムモデル』には、立て札と金色の屏風までセットになっています。デスクに置けば、それだけで誰にも(もちろん、あなたの上司にも)文句を言わせない威厳が漂うことでしょう。

ペーパーナイフには西郷隆盛モデル、伊達政宗モデル、武田信玄モデル、真田幸村モデルの4本がラインナップ。それぞれに各武将の家紋やカラーリングが施されており、まさに歴戦の猛者の迫力が宿っているようです。

  • nihonto_1
    刃物の産地が心血を注いだ切れ味をお試しあれ。
  • nihonto_4
    この刃紋を見れば、込められたこだわりが一目瞭然!
  • nihonto_5
    織田信長が愛した1本がデスクに。

仕事もストレスも増えるこの時代。だからこそ不屈の精神が必要不可欠。でも、自分だけでは乗り越えられない時、キラリと光る名刀とそこに込められた武将の魂が、きっと力をかしてくれますよ!

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

日本刀はさみ / ペーパーナイフ

nihonto_6

伝統の技とこだわりの心
ゆるぎない伝統が生む信頼の価値

 

公式サイト:http://nikken-cutlery.sub.jp/
(価格・ラインナップは2018年3月現在のものです)

日本刀はさみ 織田信長プレミアムモデル(越前本漆)

¥15,000(税別)

名刀ペーパーナイフ 西郷隆盛モデル

¥3,200(税別)

日本刀ペーパーナイフ 伊達政宗モデル

¥2,250(税別)

日本刀ペーパーナイフ 武田信玄モデル

¥2,250(税別)

日本刀ペーパーナイフ 真田幸村モデル

¥2,250(税別)

  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!