つよく、かしこく、しなやかに。【キシルの4本脚デスク】

参照元:http://www.xyl.jp/

小学校に入学するちょっと前、まるで2つがセットであるかのように家にやってくるのが、ランドセルと学習机です。それが兄弟のお下がりだったとしても「自分の机だよ」と言われると、気持ちが高ぶるもの。その瞬間、その机上には、無限の世界が広がったように感じたのかもしれません。

素材の特性を活かし、ひとつひとつ丁寧に。

樹齢60年を超え、ひっそりと森の中に佇むヒノキの大木。人の手により植えられ、一本のまっすぐな木に成長ました。それを丁寧に削り出し、作られるのが『無垢の学習机』です。

ヒノキは高級木材として知られる品種ですが、それにはしっかりとした理由があります。まずは「癒し効果」。いい香りにふくまれる成分が、自立神経を安定させ、集中力を高めます。さらに、カビやダニを防いでくれるといわれていて、まだ小さいお子さんが使う道具にはもってこいの素材。
2つめは、ベタベタせず、冷たくもならない「感触」です。これは木材特有の熱の伝わりかたによるもので、常に気持ちのいい触り心地を、自然の力で実現しています。
3つめは、紫外線を吸収するということ。そのため反射する光が目に優しく低刺激なので、長い時間使用していても疲れにくいといいます。
そして最後は天然の空調「調湿効果」です。お部屋の中の湿気をコントロールするお手伝いをしてくれます。春夏秋冬、いつでも快適な空間に驚くことでしょう。

  • prcf_image
    無垢材を使用しているから、夏は涼しく、冬はあたたかなさわり心地。自然の優しさを感じられます。
  • pah_image
    左はお届け直後、右は10年経過後の机。一緒に育っていくようで愛着がわきます。

“私たちは、日本の木で人を幸せにします”を使命としてかかげる企業こそ、この机を販売する『株式会社キシル』です。このミッションを実現するために、木がもつたくさんの自然の力と魅力を余すことなく製品に落とし込んでいます。

例えばオイル塗装です。これは、見た目を均一にきれいにするのではなく、同じものがひとつもない木目や節をも模様として楽しめる技法。合板をいっさい使用していないからこそ、その木が持つ質感そのままがより際立つのですね。一方で、キズや汚れには弱いとされるのも事実。しかしながら、暮らしの中でついたシミやヘコミこそ、誰も意図してつけることのできない味わいへと変化していくものです。

さらにヒノキの無垢材は、伐採され製品になったあとでも200年もの間、強度を増していきます。その過程であめ色へ変わっていき、世界でたったひとつの机へと進化。そうやって長い時間をかけて、子から、孫へと受け継がれていくのしれません。

  • muku_gakusyudukue_001
    木が生い茂る森の中から、一本を伐り出し、想像を絶する労力があって成り立つのです。

おそらく、多くの人が、人生の中でいつの間にか手放してしまう学習机。しかし、キシルが届けてくれる、60年以上の物語がつまった『無垢の学習机』なら、はじめて触れたその日から、あなたの家族にそっと寄り添い、たくさんの思い出を紡いでくれることでしょう。

4本脚デスク

4leg_m-m-04-dl

どんなお部屋にも合うベーシックなデザインの机です。お子さまの成長に応じて収納アイテムを組み合わせて、「自分だけの机」にカスタマイズが可能。お子さまの足が床に着かないうちは、「足元スタンド」や「丸太スタンド」での調整がおすすめです。

 

■サイズ:S・M・W・L
■本体:国産ひのき無垢材
■引出底板:国産杉無垢材
■塗装:天然由来の植物系オイル仕上げ
■生産地:日本

 

公式サイト:http://www.xyl.jp/

(価格・ラインナップは2017年12月現在のものです)

4本脚デスク

¥47,000~62,000(税込)

  • HOW TO RENOVATION
  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?