ビズビムと九谷焼がコラボ。美しい絵付のコーヒードリッパー【LCC DRIPPER SET】

2017.08.22

コーヒー道具には珍しく、アパレルブランドから発売されているコーヒードリッパーをご紹介します。世界各国の伝統的なエッセンスを取り入れたラインナップで人気を博す『ビズビム』から発売されている『 LCC DRIPPER SET』。繊細な絵付が見事な『九谷焼』とコラボして製作された一品で、他に類をみない洗練されたデザインです。白い磁器に、赤・青色の絵付がどこか懐かしもモダンで、一生ものとしていつか手に入れたいと憧れてしまいます。

絵付が美しい九谷焼がつくる、洗練されたコーヒードリッパー

これまで、そのほとんどが珈琲器具メーカーで製造、販売されてきたドリッパー。コーヒーの美味しさや、ドリップ時の手軽さなどにこだわり、抽出する穴の数、形状などを変えながら開発されてきました。また選ぶ側も、デザインというよりは、どちらかというとその性能で決めることの場合がほとんどだと思います。円すい型であるか? 扇形か? 穴の数はいくつがよいか? 悩んで決められたかたも多いんじゃないでしょうか。
ビズビムが製作したLCC DRIPPER SETは性能はもちろん、何といってもその美しいデザインが特長。一目みるだけでほしくなるような、ひとめ惚れしてしまう商品です。

  • 赤、青、白の色合いが美しい

つくっているのは、金沢、九谷焼窯元である『光仙窯』。九谷焼といえば絵付がみどころです。色絵具で鮮やかな文様を磁器前面に描いてみたり、白い素地を余白として残し、中心に細やかな絵をつけてみたり。ぱっと明るい色の磁器がおおく、なんとなく南国風な雰囲気です。
創業から今日まで、ろくろ成型、施釉、本焼、上絵付にいたるすべてを手作業でおこなっているそう。

  • pht_kutani06
    白い素地をいかしたタイプの九谷焼。
  • pht_kutani07
    ひとつひとつが手作業です。
  • pht_kutani01
    伝統を守り続けたつくり方。

カップ&ソーサ―のセットもあります。全体的に上品な雰囲気ですが、よくみると中心にはどこか憎めない表情をしたキャラクターが。雲のような身体なので、風神さまのモチーフでしょうか。少し抜けたような顔も愛着がわきますね。

  • pht_kutani10
    ドリッパーとカップ&ソーサ―で揃えたい。

LCC DRIPPER SETは、表参道にあるビズビムフラッグシップストア店頭で販売されています。店内には『little cloud coffee』というコーヒースタンドを併設。このLCC DRIPPERでいれてもらえるドリップコーヒーの他、エスプレッソも楽しむことができます。おいしいコーヒーを片手に、じっくりと店内をまわれますね。

  • pht_flagshipstore_02
    店内ではコーヒー豆も販売しています。

コーヒードリッパーでここまで美しいものはなかなかお目にかかれません。ヴィンテージショップにそっと置かれたような、ノスタルジックで洗練されたデザイン。日々の嗜好品としてのむコーヒーだからこそ、その道具も見惚れてしまうようなものを選んでみてはいかがでしょうか。

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

cursive

 

アパレルブランド「ビズビム」が、九谷焼とコラボしてつくられたコーヒードリッパー。

公式サイト:http://www.visvim.tv/jp/littlecloudcoffee/

LCC DRIPPER SET

¥158,000(税別)

LCC Cup & Saucer

¥42,000(税別)

  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!