【キシマ ソーラーガーデンライト】夜の宴を照らす灯り

2018.07.09

楽しいイベントが盛りだくさんの季節。日中ももちろん楽しみたいですが、35℃を超える猛暑日も増えてきて、熱中症にも気を付けなければいけません。
そんな暑すぎる夏は、“夜”をもっと楽しんじゃいませんか!?
キャンプに夜飲み、星空観測。夏ならではの、夜のお楽しみもたくさんあります。「ぽっ」っと優し光が辺りを明るく照らしてくれるライトをお供に、夏の夜を楽しみましょう!

キラキラの光を閉じ込めて

ボトルの中に光の粒がちりばめられたようなこのプロダクトは、『エトワル ソーラーガーデンライト』。日中、陽の当るところに置いておけば太陽の光を集めて充電する「ソーラー電池式」で、暗くなると自動点灯するライトです。

辺りが暗くなってくると勝手に点灯してくれるので、電源を入れる手間いらずでとっても便利。いろんな場所に点々と置いておけば、夜になるとほんわりと柔らかな光に包まれます。

「ガーデンライト」と言う名の通り、本来は夜の庭を照らすガーデンアイテム。でも、軽くてどこへでも持ち運びができるので、いろんなシーンで使っていただきたいです。

例えば、テラスで晩酌を楽しむとき。テーブルに1つ置いて優しい光を見つめながらお酒を飲めば、パートナーと、仲間と、静かな夏の夜を楽しめそうな予感です。

はたまた、大勢で楽しむキャンプの時には、自動点灯機能で大活躍。暗くなったら勝手にスイッチオンされるので、「準備に追われて気づけば真っ暗で手元が見えない!」なんて困ることもなくなります。自動で電気が付いた瞬間、なんだか楽しい夜が始まりそうな感覚になりそう……!

  • 2018-06-18 (6)
    取っ手が付いているので、テントの梁にも引っかけられます。

白熱球のような力強い灯りでなく、LEDの小さな光がたくさん集まった柔らかな灯り。その優しい光たちは、まるで、夏の夜にホタルをかき集めて瓶に詰め込んだような……そんな、ちょっとワクワクドキドキさせられる感覚にもなります。

  • 2018-06-18 (4)
    動物がライトを運んでいるような遊び心あるデザインも。
  • 2018-06-18 (1)
    1つだけ置けば優しい光。たくさん置くと、なんだか楽しいことが起こりそうなワクワク感に。

もちろん、夏のアウトドアシーンだけでなく、夜が長い冬など年中活躍すること間違いなしのこのアイテム。電池要らずで自動点灯機能付きなので、クリスマスやハロウィン、七夕などの屋外装飾にも、アイデア次第でいろんな場所で使えそうです。

夜の演出は、この『ソーラーガーデンライト』に任せて、あなたもとっておきの空間をつくってみませんか??

エトワル ソーラーガーデンライト

kl-10336

キラキラを閉じ込めた♡
太陽の力で光るボトル型ガーデンライト
ソーラー充電で暗くなるとアンティーク調のボトルに入ったフェアリーライトがキラキラと輝きます。

 

サイズ:75φ・135H(取手含まず)
質量:0.34kg
L E D数:20個
素材:ガラス・スチール・ラバー
使用環境:屋外
L E D 色:電球色
防水等級:IPX3

 

公式サイト:https://www.kishima.com/

(価格・ラインナップは2018年7月現在のものです。)

エトワル ソーラーガーデンライト(S)Clear

¥1,600(税込)

  • HOW TO RENOVATION
  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?