伝統の意匠をまとった、絵になる道具。【コーヒーミル 桐モダン】

2017.06.26

見た目は「たんす」、素材は「桐」。コーヒー機器メーカー『kalita』と、新潟県加茂市の桐たんす職人のコラボにより、なんとも風情あふれるコーヒーミルが生み出されました。挽いてよし、眺めてよしの、とっても絵になる道具です。

コーヒー機器メーカー『kalita』×新潟県加茂市の桐たんす職人。

『コーヒーミル 桐モダン』の最大の魅力は、なんといっても、その個性あふれるデザイン。みなさんも見覚えがあるのではないでしょうか。スクエアなフォルム、あたたかな木の風合い、黒く輝く飾り金具。そう、「桐たんす」そっくりなんです。

それもそのはず、このアイテムがつくられているのは、伝統的工芸品「加茂桐箪笥」の生産地である新潟県加茂市。220年以上前から桐たんすをつくり続け、今では全国生産量の約70%を占める「日本一の桐たんすの街」です。風格すら感じさせる美しいコーヒーミルは、この街の伝統を継承する職人たちの手により、一つひとつ丁寧につくられています。

  • 000000001
    存在感たっぷり! インテリアとして飾っておきたくなる美しさです。
  • content_ch02-sub-04-kiri
    職人の「技」と「勘」が、美しい道具をつくり上げていきます。
  • content_ch02-sub-07-kiri
    アイテムの「顔」というべき飾り金具の取り付け風景。

『コーヒーミル 桐モダン』のラインナップは、粉受けのみを備えた1段タイプの『桐モダン壱』と、粉受けとストッカーが付いた2段タイプの『桐モダン弐』の全2種類。いずれもちょっとお値段は張りますが、そのクオリティは「一生もの」です。絵になる道具で、薫り高いひとときを味わってみませんか。

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

コーヒーミル 桐モダン

000000004

加茂箪笥協同組合の所属工場が製作したことを示すシリアルナンバー入りのステッカー付き。コーヒー好きはもちろん、インテリア好きにもオススメです。

 

公式サイト:https://www.kalita.co.jp/
コーヒーミル 桐モダン壱:https://www.kalita.co.jp/products/mill/3202
コーヒーミル 桐モダン弐:https://www.kalita.co.jp/products/mill/3203

  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?
  • renosta 未経験者OK ライター募集中

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!