変わらない美しさを閉じ込めて。【Herbarium(ハーバリウム)】

2017.10.02

植物のある生活にはとても憧れるけれど、日々仕事に追われる身には、自分以外の生き物を世話してあげるというのがなかなか難しいところです。四季折々、花を手に入れては、いそいそと部屋へ持ち帰りますが、悲しいかな、いつも想定よりも早く散っていってしまう。いっそ、いつまでも美しいままでいてくれたら……。そんなわがままを叶えてくれる素敵なプロダクトがありました。

ついに手に入れた、永遠の美。

花は散るからこそ美しい、とよく耳にしますが、でもそれって本当でしょうか? 私は散らない花がほしい。ずっと美しいまま、私の生活とともにしていけたらなんて素敵なんだろうと思います。

『Herbarium(ハーバリウム)』は、日本語で「植物標本」の意味。清澄白河にある『花と植物の店 ラフ』のオリジナルプロダクトで、植物と特殊な液体をボトルに詰め、長期間鑑賞できるようにしたアイテムです。経年とともに、ごくごくわずかな色の変化はありますが、1年以上はフレッシュなままキープすることが可能。オーナーが星の数ほどの失敗と試行錯誤を繰り返し、ようやくたどり着いた美の極致。魅惑の世界をご堪能ください。

  • 4dcab7c8a66f36a407efc1fc8d77a9d5-300×300
    色とりどりの、さまざまな種類の植物でつくられています。
  • 17992343_1116476935124314_3555957282845194597_n
    窓辺の光に透かすと、より色鮮やかに。
  • DSC_25741-300×300
    「これはあの子」、「こっちはあの人」など、顔を思い浮かべながら選ぶ時間も楽しめる。

まさに極彩色。空気中で咲いていたときとはまた違う、水中での美しさが際立ちます。より色彩の鮮やかさが増し、生命の強さを感じさせてくれるから不思議です。

現在、ハーバリウムは通信販売を行っていません。それは実際に店舗で手に取って、自分に合う植物を楽しみながら選んでほしいというこだわりから。インターネットが普及し、自分の好きな商品を距離に関係なく手に入れることができる現代で、この試みはとても稀なことかもしれません。だからこそ、オーナーとお話をしながら、ハーバリウムの背景にある物語に思いを馳せて、長い時間をともに過ごすお気に入りを、見つけてほしいと思います。

結婚式、入学式、成人式、送別会、お葬式……。私たちは人生で多くの節目を経験する。そのたびに、植物は特別な想いを乗せて、その名の通り、花を添えてくれます。しかしその時の花たちは、記憶の中にしか残りません。
ならば、ハーバリウムを贈り合って、あの時この時の記念にしようよ。幸せだった時間や慰めを、植物と一緒に閉じ込めて。目にすればいつだって、思い出がよみがえる生活は、きっと人生の彩りになるはずだから。

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

【Herbarium(ハーバリウム)】

0d3e0fe84dc519840825a68b928f7cf4-300×300

清澄白河にある花屋「LUFF」のオリジナルアイテム。同店のスーパーレコメンド商品です。

サイズ:4.5cm×21cm

 

公式サイト:http://luff.tokyo/
(価格・ラインナップは2017年10月現在のものです)

Herbarium

¥1,800~(税別)

  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!