自然の恵みをレストランのクオリティで。【SOHOLM ジビエ缶】

2017.03.24

突然ですが「ジビエ」って食べたことありますか? ぼくは長野県に住んでいた頃にたらふく食べて来ました。食肉として育てられたわけではない、野生の肉。今では個人でも手に入れること自体は可能になりました。でも、おいしく調理するのは、なかなか難しい食材と言えます。それでも「自宅でおいしく食べたい!」という方には、こんな缶詰はいかがでしょうか。

鮮度が命の食材を、ぎゅっと缶詰に。

天王洲アイルのウォーターフロントにある、ジビエ料理とワインが味わえるレストラン『SOHOLM(スーホルム)』。家具とインテリアをメインに展開するACTUSが提案する「丁寧な暮らし」をまるごと体感できる空間としてオープンしました。その『SOHOLM』から「レストランで提供しているジビエ料理をご自宅でも」と生まれたのが『ジビエ缶』です。

そもそも「ジビエとは何のお肉なのか」ご存知ですか? 鹿や猪は有名ですよね。そして、熊やキジ、ウサギなどをはじめ、実はかなりの動物が「ジビエ」として定義されています。それもそのはず、ジビエとはフランス語で「狩猟によって食材として捕獲した鳥獣」というざっくりとした意味。日本での定義は「狩猟の対象になっていう野生鳥獣」のすべてがジビエです。

この食材は、捕獲から食肉加工までの時間をいかに短くするかが、その味を決めるといっても過言ではありません。
例えば鹿の場合、撃たれてから時間が経つと、自分の体温で肉が生焼けになってしまいます。そうすると味も食感も落ち、臭みが出てしまうのです。

話をもどして『ジビエ缶』について。この缶詰、野生の猪肉と鹿肉の煮込み料理を、レストランとほぼ同じ味でどこででも味わえる優れもの。しかもレシピは、スーホルムのプロデューサーシェフが監修しているというから期待も高まります。

そして『ジビエ缶』には加工までの時間が短く、状態の良い肉を使っているので、初めてジビエを食べる人にもおすすめです。

初心者から通まで。本格的なメニューを味わう。

ではいよいよ、どんなメニューがあるのか見ていきましょう。現在は以下の6種類がラインナップされています。

『北海道産鹿肉のポワブラート(黒胡椒煮)』『島根県産猪肉のカルボナート (ビール煮)』『北海道産鹿肉のパルマンティエ』『島根県産猪肉のクスクス』『北海道産鹿肉のフリカデラ』『島根県産猪肉のポトフ』

どれも缶詰とは思えないクオリティなので、器に入れ替えて食卓に並べれば、一気に豪華なディナーになります。友達が集まるときに食べ比べするのも良いかもしれません。

またジビエ料理に興味はあるけど「お店に行くのはハードルが高い」と感じているなら、まずは缶詰で試してください。もちろん、ジビエ通の方もぜひ一度。自宅で味わえる最高峰のジビエ料理が詰まっていますよ。

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

ジビエ缶

gibier-kan-main

野生の猪肉と鹿肉の煮込み料理を美味しい缶詰にしたジビエ缶は、レストランとほぼ同じ味をどこででも味わえる本格的な料理が入っています。

ジビエ缶(全6種)

¥1296〜(税込)

  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!