日本一美味い山に乾杯【富士山グラス】

2017.12.16

富士山は、神のいます場所。登るためだけではなく仰ぎ見る山としても信仰されてきました。誰もが知る優美な風貌は、色々な描かれ方をしています。もし、あの美しさそのままのグラスがあるのなら、そっと手に取って眺めてみたくなりませんか。

飲み物の色で富士山の顔が変わる

プロダクトブランド『THE』の設立者として知られるデザイナー鈴木啓太氏が『富士山グラス』を制作する原点となったのは浮世絵『冨嶽三十六景』。葛飾北斎の描いた富士の秀麗な姿や美しい四季がグラスを通して表現されています。注がれるものによって見せる表情は移りゆく季節の富士山そのもの。実際に使うことではじめて面白味が発揮され、広く日本の文化を伝えていくことにつながります。

ビールを注げば万年雪を頂く黄金色の富士が出現します。レッドアイであれば夕日に染まる赤富士が、黒ビールなら月明かりに照らされる黒富士でしょうか。使い手のアイデアによって広がっていく楽しさ。「今日は何でこのグラスを満たそうか」と考えてしまいそうです。

  • fujisan-01
    自分だけの富士山を見つけてみては?

「普段の生活を豊かにするモノに、富士山の美しさを取り入れたい」という想いから、職人たちがひとつひとつ作り上げるこのグラス。口当たりの良い薄くて繊細な飲み口や、手にした時に感じる収まりの良さは、その卓越した技術によって生み出された逆三角形だからこそなのです。

今やギフトや外国人への贈り物にはもちろん、引き出物にも使われるなど、長く、多くの場面に愛されている富士山グラス。何かと人の集まる機会が増えるこれからの季節に、もう一度のそのモノづくりの良さを感じてみてはいかがでしょうか。

  • fujisan-02
    ガラスの新しい可能性を求め、日々挑戦し続ける意欲盛んな職人たち。
  • fujisan-03
    自由で奔放な発想が現実のものになった瞬間、スガハラの美しいフォルムが出来あがります。

日出ずる国、日本。新年のご来光は富士山で、という訳にはいかなくても、雲海にみる朝日をグラスに透かせば、どこか神々しい気持ちになります。さて、あなたは、2018年の1杯目にどんな飲み物で富士を描きますか?

Sghr スガハラ 【富士山グラス】

fujisan-04

ビールを注ぐことにより富士山が現れます。引出物や御祝などに人気の商品です。桐箱に入れてお届けいたします。

 

サイズ:59(W)×75(H)
容量:280ml

 

公式サイト:http://shop.sugahara.com/shopdetail/…

富士山グラス(桐箱入り)

¥3,776(税別)

  • HOW TO RENOVATION
  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?