【FORM×amabro】素材を活かした気取らない風合い

2018.10.09

日々の喧騒から離れて「ゆったりとアートでも満喫したい」と思うようなとき、ありませんか? そうはいっても、美術館を巡る時間はなかなか取れないというアナタ。そんなときは、オリジナリティに富んだインテリアが解決してくれるかもしれませんよ。殺風景だったお部屋にスパイスを足して、印象も日常もチェンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

唯一無二の世界観と豊かな表現力で時代をリード

“ART OF LIFE -生活にアートを-”をコンセプトに、アーティストの村上周さんが監修するプロダクトブランド『amabro』。
amabroが考えるアートの視点から作品を企画し、現代の生活に即したプロダクトを展開しています。
2006年から活動を開始し、幅広いジャンルの商品展開や多方面とのコラボレーションを手がけているのが特徴です。

その後、大阪を中心に活躍する金属作家、FORM・花里政信氏とともに生み出されたのが『FORM×amabro』シリーズです。コンセプトは“ラフで気取らない架空のデザインホテルの調度品”。
幅広いアイテムがこだわり抜かれた独自の世界観で製作されています。花里さんの作り出す世界観と、真鍮や鉄などの金属素材の魅力が感じられるものばかりです。

  • 3_000000001231
    モノトーンの空間にも、優しく調和するペンスタンド。
  • 1_000000001232
    クールで無骨。ブックエンドもオトコマエ!
  • 3_000000001233
    鉄とガラスが上手く交わり、繊細で主張しすぎないデザイン。

これらの製品は、素材の持ち味や性質、加工のしやすさ、強度、重さなどを知り尽くしている職人だからこそたどり着ける繊細さを帯びているのです。細部まで作り込まれたその質感や表情は、既成品では表現されないものばかり。見ているだけでも、心がワクワクしてきます。その人の使い方によって、唯一無二の経年変化がうまれ、味わい深くなるパーツたちに目が奪われてしまいますね。

  • 2_000000000497
    シンプルで控えめだけれど、使い込むほどにシャビーシックな表情を見せてくれます。
  • 2_000000000512
    ブックマークにキーホルダー、マネークリップ。真鍮ならではの、上品さが感じられますね。

どれもノスタルジックな雰囲気で空間の印象を変えてくれるアイテムばかりですね。アートの視点から企画し、生産まで、一貫したフローで作られているだけあって、持つ人のインスピレーションを刺激する作品がそろっています。FORM×amabroで、マンネリになった生活にアーティスティックな要素を取り入れてみてはいかがでしょうか?

FORM×amabro

3_000000001232

使い込むほどに味わいが深まる真鍮や鉄を使用したパーツ類は日用品の域を超え、静かな存在感を放ちます。

 

 

[お問い合わせ先]

村上美術株式会社

〒153-0061 
東京都目黒区中目黒1-4-4 
TEL.03-5725-1210 / FAX.03-5725-1250 
受付時間:月〜金 9:30~18:30 (土日・祝日は休業)

 

公式サイト:http://www.amabro.com/

  • HOW TO RENOVATION
  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?