【Flower Vase】毎日の暮らしに、もっと花を。

参照元:http://db-shop.jp/

部屋に花やグリーンを飾ると、空間は華やかになるし気分もアップしますよね。……分かってはいるけれど、なかなか習慣にできないのは、取りあつかいが少し面倒なアレのせいのような気がします。そう、重くて扱いにくい、アレですよ。

割れない、場所を取らない、どこへでも持っていけるネオ花瓶

その正体は花瓶。

手を滑らせて割りそうになるし、使わないときは収納に困るし。花瓶の扱いがわずらわしくて、花を飾ることを敬遠してしまうという方、結構多いんじゃないでしょうか?

  • 10061511_5432329520eb9
    使う前はぺたんこな状態ですが……
  • 10061511_543232ab62ef8
    水を入れるとこの通り! 裏のモチーフが透けて見えて、いろんな表情が楽しめます。

『Flower Vase』は、これまでの花瓶の概念を根底から覆す、まさに新感覚のフラワーベースです。
一見、ビニールパックにしか見えないフォルムが、水を入れるだけでぷくっと膨らみ花瓶に早変わり!

ビニールなので、もちろん割れません。子どもにも、安心してお手伝いしてもらえます。持ち運びもしやすく、水を抜いて元にもどせば簡単に折りたためてコンパクトに。場所もとらず、ギフトとしても最適です。

  • 03011150_5a976a594ae20
    2018年の新作。カラフルな絵の具を垂らしたような色合いが美しい。

使いやすさだけでなく、ビニール素材ならではの光の屈折の仕方も美しいプロダクトです。透明だからこそ、鮮やかなグラフィックデザインが映えます。

1つのパッケージにデザイン違いで2枚ずつセットになっているので、気分やインテリアに合わせて選べるのもうれしいポイント。ポップやモダン、シンプル、和がモチーフになったものなど柄のバリエーションも豊富なので、飾る花やグリーンに合わせて選びたいですね。

  • 03011408_56d523cec5f0d
    人気のデザインを集めたセットも。

この一風変わった製品は、デザインプロダクトブランド『D-BROS』によるものです。
なぜ、ビニールを花瓶にするという斬新なアイディアが生まれたのでしょうか?
そこには、ある背景がありました。

シャンプー詰め替え容器のラベルを考えていたあるデザイナーが、パッケージの中に水を入れたままにして帰宅。そこへ別のデザイナーが庭の花を摘んで、何気なく飾ったことからヒントを得て生まれたのです。

その後、試行錯誤を重ね、プロトタイプがようやくできたのは、この出来事から1年後のこと。偶然の出会いを見過ごさず、アイディアとして見つめることで、このプロダクトは誕生しました。

  • top_fvbox_07
    レギュラーサイズ専用のギフトボックスもあります。

花やグリーンは、思っているよりずっと毎日をうるおいをもたらします。

扱いやすいだけでなく、植物に光をまとわせて彩るFlower Vaseで、もっと気軽に花のある暮らしを楽しみませんか?

Flower Vase

l_flowerv_01-879×496

一見するとビニールパックのような風貌ですが、水を入れるだけでぷくっと膨らみ花瓶に変身。コンパクトで割れることがないので、子どもでも安心して使えます。
レギュラー、ミニ、ラージの3サイズが展開。

 

レギュラー:H268mm × W148mm

ミニ   :H140mm × W160mm

ラージ  :H250mm × W230mm

 

公式サイト:http://db-shop.jp/

 

(価格・ラインナップは2018年6月現在のものです)

Flower Vase

¥1,080〜¥6,480

  • HOW TO RENOVATION
  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?