職人の技術と現代的なデザインによる、機能美あふれる一品たち【FD STYLE】

参照元:http://www.fdn.co.jp/

2018.01.09

新潟県の燕三条といえば、金物の街として知られる場所。この地域を中心として立ち上がったブランドは、今後のものづくりの可能性を示唆するものでした。

一生もののキッチンツールは、このブランドで揃えたい。

街おこしの一環として、地域ブランドを立ち上げるという手法はよく見かけます。でもこういった所で並べられている商品って、双眼鏡、バック、味噌などテーマがバラバラなものが売っていて、観光客向けであることが多いのではないでしょうか。
それに対して、定期的に買ってくれる固定客をつかむためには、ある程度見た目にまとまりがあって、同時に一貫したコンセプトが必要なのだろうなと感じます。例えば「ここの電化製品だったら、お洒落だから見てみようかな」と思えるような。

そこで注目したいのが、新潟の職人達の技術と、デザイン会社『エフディー』が提携してつくったブランド『FD STYLE』です。主に扱われているのはキッチンツールで、機能美にあふれたものばかり。どれもユニセックスな雰囲気で、少し金銭的に余裕が出てきた大人が「一生もの」として購入しそうなアイテムがラインナップされています。

  • main_10
    一品一品丁寧につくられている様子が伝わります。

具体的に、商品化されたものを見てみましょう。
まずはステンレスでできた酒器『三作』。香り、舌触り、風味、後味をより感じられるような形になっています。シンプルで上品な佇まいは、多くの銘酒が名を連ねる新潟の日本酒を、より一層味わい深いものに変えてくれるでしょう。

  • SANSAKU_bk_01_L
    器にうっとりしながら、お酒が進んでしまいそう。

続いて大根おろし器『オロシ』です。これは手に負担を与えないよう、形状と刃の配置パターンが工夫されたもの。オールステンレス製でフッ素加工が施されているので、サビにくく汚れが落ちやすいようになっています。

また、ピーラー、薬味オロシ、トングなどもシリーズ化されており、ブラックで統一したその様は、どれもスタイリッシュ。全部揃えて、あえてよく見えるように、キッチンで収納したくなる製品です。

  • SONY DSC
    まるで葉脈のように並んだ刃。
  • SONY DSC
    男性へのプレゼントとしてもいいかも? 
  • 391d48f1c60a242c546eae96d3f1526d
    友人たちの前に、さり気なく置きたい。

新潟のものづくりの街で生まれた、FD STYLE。オンラインショップも充実しているので、一度覗いてみてはいかがでしょうか。こだわりのあるキッチン用品がほしい時にこそ、見てみたくなるブランドです。

FD STYLE

main_13

新潟の職人達の技術とエフディーのデザインによる、地域産業活性化のためのブランド。主にキッチンツールが販売され、「品質の良いもの」を求める大人にこそ使ってほしいアイテムがラインナップされています。

 

公式サイト:http://www.fdn.co.jp/

オンラインショップ:http://www.fdn.co.jp/store

三作 椿 Camellia

¥12,960(税込)

オロシ

¥2,700(税込)

  • HOW TO RENOVATION
  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?