揺られる贅沢を日常に。【ハンギングエッグチェア】

突然ですが、みなさんは子供時代、ブランコのヘビーユーザーでしたか? 揺れとともに変わる景色が面白くて、降りるのが名残惜しかった経験が誰しもあるのではないでしょうか⁇ 夢中に漕ぎ続け、ふと気が付くと夕暮れになっていた思い出がある人もいるかもしれません。

忘れていた幼い頃のワクワクを思い出す。

小さい頃、一戸建てのお庭にブランコを持っている友達や、室内に設置している友人が羨ましかった記憶があります。「自分の家にもほしい!」そんな幼き日の夢を叶えてくれるスタイリッシュなチェアがここにありました!

『ハンギングエッグチェア』を作ったのは、円や楕円をモチーフにした柔和なデザインが特徴のデンマークのデザイナー、ナナ・ディッツェル。そのシンプルで洗練された見た目が、ラタンという素材をカジュアルすぎず、優雅に仕上げています。大人になるにつれ、子供の時のように、パワフルに漕ぐことはなくなると思いますが、おしゃれな揺れるイスが家にあったら、それだけでワクワクしてしまいませんか?

  • eggchair-02
    背にクッション、足にオットマンを設置すると、とてもゴージャスになりますね!

このチェアは、体を深く預けられる形なので、くるまれる感覚が癒しをもたらすとして、不眠に悩む高齢者施設病院にも導入されています。優しく包まれる安心感と心地よい揺れが緊張感をほぐし、眠りに誘うゆりかごのような役割をしているのかも? 女性であり、母であるナナ・ディッツェルだからこそ、この曲線美と、ホッとする優しさにあふれる製品があふれる製品が誕生したのかもしれません。

その高機能ぶりから、赤ちゃんを乗せてもすぐに寝付いてしまうかもかもしれませんね。

  • eggchair-03
    ラタン素材の本製品は、合わせるインテリアのテイストを選びません!
  • eggchair-04
    サンセットを見ながら、ゆっくりとたそがれてみませんか?
  • eggchair-05
    屋外でも使える樹脂ラタン製なら、お庭にも!

休日にお日様の光をポカポカと浴びながら、ほどよい揺れにまどろんでもいいですし、BGMをかけながら、リラックスして読書を楽しむこともできます。この大人のゆりかごで上質な時間を過ごしてみませんか?

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

ハンギングエッグチェア

eggchair-05

ブランコと椅子の両方を兼ね備えるインテリア。カラーはナチュラルとブラックの2種類。

※屋外にも使用できる樹脂ラタン製のハンギングエッグチェアについては、3種類のカラー展開となります。

 

サイズ(mm):W:850 D:700 H:1200 10Kg

カラー:ナチュラル

材質:ラタン (芯籐)

 

公式サイト:http://www.yamakawa-rattan.co.jp/

(価格・ラインナップは2018年3月現在のものです)

ハンギングエッグチェア

¥160,000~(税別)

  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!