【cool】ここにもあそこにも、自転車を飾ろう。

お気に入りの自転車は、どこに収納していますか? 自宅やオフィスの壁をラックとして使えるようになる、スマートなアイテムがありました。レイアウトのカスタマイズは自由自在。あなたの想像力を刺激します。

インテリアという価値をプラス。

サイクルライフの先進国とも言われるイタリアで誕生した『cool(クール)』。壁を使って自転車を収納できるガジェットで、省スペースにもつながることから、日本の住環境にもぴったりです。横浜市にある『株式会社リスティック』が初めて日本に上陸させました。

  • sub7
    がっちりホールドしてくれる、安心感。

こだわりの自転車を持っているなら、「壁にかけて飾ってみたい!」と思ったことがある人も多いのではないでしょうか。そんな願いを簡単にかなえてくれるのが同製品です。

特許デザインである『360°回転ロックシステム』を搭載し、横・縦・斜めと、どんな向きでも自転車をしっかり固定することができます。取り付けてから角度を調節できるので、その日の気分で向きを変えるのも簡単。大きなインテリアとなった自転車が垂直から横方向になるだけでも、雰囲気が異なります。

  • cool-7
    どの角度がカッコよくみえるかな?

直径4cm以内のフレームやチューブに対応しているので、重量20kg以下であれば、あらゆるタイプの自転車に使えます。ディスプレイされているのはスポーツバイクが多いイメージもありますが、小さいタイヤのミニベロや折りたたみ式、キッズバイクも壁にかけると、きっとお部屋のアクセントになるインテリアになりますよ!

商品単体だとシンプルで主張しないデザインなので、何もかけてないときでも、部屋の雰囲気を崩しません。カラーリングはどんな部屋にも合わせやすい、赤・黒・白・ベージュの4色です。

  • スクリーンショット 2018-07-30 1.19.28
    壁にかければ、もっと便利に。

さらに、直径4cm以下・重量20kg以下のものならどんな角度でも固定できるという特性を利用して、自転車以外のものにも使えます。スティックタイプのクリーナーやヘッドホン、バックパック……これらはあくまで一例です。アイデア次第で、活用の幅が広がります。

壁にかけることで、自転車や日用品にインテリアの価値を加えてくれるcool。自宅やオフィスをもっとおしゃれにしたいなら、試してみてはいかがでしょうか?

cool

sub8

今までにないインテリジェントな機能を備えたウォールマウントバイシクルラックです。

 

公式サイト:https://coolbikerack.jp/

(価格・ラインナップは2018年8月現在のものです)

cool

¥10,800(税込)

  • HOW TO RENOVATION
  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?