家の中にある小屋で、仕事も勉強も遊びも能率アップ? 【co-ba HOME】

参照元:https://sumika.me/

最近、コワーキングという言葉を耳にしませんか? オープンな場所を共用し、各自が自分の仕事をしながらも、お互いに刺激を受けあうことで相乗効果を生み、生産性も上がるという、新たな働き方のひとつです。
そんなパフォーマンスの高いワークスタイルを、仕事だけで独占しておくのはもったいない、ぜひ家族にも取り入れたい! と作られたのが『co-ba HOME』です。

限りある空間に自由につくる、家族のためのワークスペース

子どもが成長したり家族が増えたりと、ライフスタイルが変わることで、必要な部屋数も変わります。でも、リフォームや引っ越しは簡単にはできない。co-ba HOMEは、そんな悩みにこたえてくれます。

使い方は、組み立てられたユニットを部屋の好きな場所に置くだけ。大がかりな工事などは必要ありません。限られた室内空間を有効に使えて、好きに間取ることができる自由なツールです。

  • FireShot Capture 97 – co-ba HOME – 家族のためのコワーキングスペース|家の中の小屋_ – https___sumika.me_koya_inside_cobahome
    気分やライフスタイルに合わせて、自由に模様替えもできます。

まるで家具のようなルックス。内側は、適度な距離感を持ちつつ、2人が作業できるほどの広さです。

お父さんがパソコンで仕事をしつつ、隣で子どもが宿題を広げるのにちょうどよいコンパクトなサイズ感。ほどよい緊張感を保ちながら、それぞれが自分のことに集中できる時間を過ごせます。お互いに触発されて、作業効率もアップすること間違いなしです。

  • czMjYXJ0aWNsZSM0MzY1MyMxNTQ5MDQjNDM2NTNfU2lmQUNGTUhhVy5qcGc
    思い切りポップな内装で、部屋のアクセントとしても。

しかし、子どもたちにとっては、コワーキング云々よりも、家の中に小屋があることで、テンションは確実に最高潮!!!! 秘密基地気分で楽しみつくすことでしょう。

勉強だけでなく、工作やゲームなどいつもの遊びが、ランクアップしたものになるに違いありません。家で過ごす時間が、より豊かなものになります。

また、塗装や壁紙の仕上げをDIYでできるのも、魅力のひとつ。子どもと一緒に、色やデザインを選ぶのも楽しいですね。

  • FireShot Capture 98 – 家族のための小屋ワークプレイス「co-ba HOME」 – CAMP_ – https___camp-fire.jp_projects_view_4181_
    黒板塗装に仕上げるのも楽しい!
  • FireShot Capture 105 – 674fb47b-afb7-4424-a618-3383eb12cd17._ – https___sumika.me_uploads_koya_ins
    内側のデスクは2つのパターンから選べます。
  • FireShot Capture 106 – 5aefa02d-cefb-4bce-b7e4-e5f7f743af11._ – https___sumika.me_uploads_koya_ins
    オプションでドアや窓、ベンチのカスタマイズも可能。

家という限りあるスペースも、柔軟に考えることで、さらに可能性は広がります。さらに、家庭でコワーキングというスタイルを実践することで、新しいコミュニケーションの形に発展していくことでしょう。

また、「小屋」という響きと、楽しい見た目には、子どもたちだけでなく大人もワクワクさせられてしまいますよね。co-ba HOMEで、家族との空間をもっと楽しんでみませんか?

co-ba HOME

s_FireShot Capture 103 – 7c9f5ed4-4a52-4d4a-8545-4b2c1ffed325._ – https___sumika.me_uploads_koya_ins

限られた室内空間を有効活用できる、 家族のための小屋型ワークスペース。

 

サイズ:幅1700×高さ600×奥行き1900mm

材質:シナ合板(無塗装)
対応エリア:東京・神奈川・千葉・埼玉(離島を除く) その他の地域は要問い合わせ

納期:注文から4週間

 

公式サイト:https://sumika.me/koya/inside/cobahome

 

(価格・ラインナップは2018年3月現在のものです)

co-ba HOME

¥478,000(税別)

  • HOW TO RENOVATION
  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?