困っている人がいたら差し出してみよう。【case3776】

2018.03.13

「よかったらこれ、使ってください」と渡されたものが富士山だったら、あなたは驚きますか? びっくりした後、思わずほほえんでしまうかもしれませんね。受け取った人の反応が気になる『case3776』の正体に迫ります。

新たなかたちのコミュニケーションツール

今回のアイテムは、富士山の7合目付近までが描かれたポケットティッシュケース。3776という数字、ピンときますか? そう、標高3,776メートルのことです。ティッシュを少しつまみ出し、ぜひあなたの手で完成させてください。

“一枚一枚富士山がまとう、雪や雲海を頂戴する気持ちで鼻に、目にそえてみるとしましょう”と語るのは、作品の生みの親である池ケ谷知宏氏。静岡県静岡市で生まれ育ったデザイナーであり、これまでに数々の独創的な富士山グッズをつくり出しています。

  • 36608503
    ちょい出しで使いやすさ抜群!
  • 36608503_o2
    懐も深くて、包容力があります。

彼が立ち上げた会社『goodbymarket(グッバイマーケット)』は、“人と人の間をふわっと埋める”がコンセプト。ソーシャルネットワークの発展により、今後ますますマーケットの多様化が予想されます。その背景を踏まえて、「marketを通じて(by)goodにしたい」という想いが込められているとのこと。他者とのつながりを大切にしていきたい昨今では、ポケットティッシュ1つでも底知れぬ可能性を秘めているに違いありません。飲み物をこぼしてしまった、鼻水が止まらない、思わずうるっと涙が……。日常では拭けないと困ってしまう事態がよく起こります。そんなときにサッと渡してみると、相手はどんなリアクションをしてくれるのか!? ふとした出会いが早く訪れないか待ち遠しくなりますよ。

  • 36608503_o1
    「これって富士山だよね!」となれば、そこから会話が弾みそう。

信仰と芸術の源泉である、富士山。山頂には神さまがいると謳われており、2013年には世界遺産登録された日本の象徴です。あの山を見て、「今度は新幹線から眺めたい!」と言う人もいれば、葛飾北斎の浮世絵『冨嶽三十六景』を想像する方もいます。

同じものを見ているはずなのに、捉え方は人それぞれ。私たちは当たり前のようにその姿をイメージできますが、少し視点を変えるだけで新しい何かをひらめきそうですね。

case3776

36608503

富士山の7合目付近までが描かれた、ポケットティッシュケース。ティッシュを少しだけつまみ出せば、イメージどおりの富士山が完成します。

 

■素材
綿(裏PVC加工)
■サイズ
130mm×92mm

■カラー

ブルー・ピンク

 

公式サイト:http://goodbymarket.com/

(価格・ラインナップは2018年3月現在のものです)

case3776(ブルー)

¥1,500(税別)

case3776(ピンク)

¥1,500(税別)

  • HOW TO RENOVATION
  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?