小口がかわいい飾り棚「cap」。スツールとお揃いにも。

お気に入りの小物を飾れるウォールシェルフ「cap」は小口が他とはちょっと違います。たまには、こんなユニークなアイテムで遊び心を取り入れてみてはいかがでしょう?

壁のアクセントになるストライプ柄

「cap」はお気に入りの本や小物を壁の好きな場所に飾るための小さな棚です。
使われている素材は「Paper-Wood(ペーパーウッド)」。色のついた再生紙をはさみ込んだ合板で、小口部分がカラフルなストライプ模様になっています。

ウォールシェルフは目線の高さに取りつけるので、ユニークな小口の模様がよく見えます。半円状の天面も、一部、ストライプが見えるようにデザインされています。

Lサイズはブルーとグリーンの再生紙と木の3色、Sサイズは赤とオレンジの再生紙と木の3色のストライプ。何も飾っていない時でも、シンプルな壁のアクセントになります。

半円のふちにポチッと2カ所、黒丸がついているのが取り付け用のビスです。

家具とのコーディネートも楽しみのひとつ

どこまで切っても柄があり、北海道の木の表情がしっかり活かされている「Paper-Wood」。
これまでにない発想の合板は、北海道の合板メーカー「滝澤ベニヤ」と二組のデザインスタジオのコラボレーションによって開発されました。独特な素材感が評価され、国内外のさまざまなプロジェクトで使われています。

PW_capTOP

「Paper-Wood」を使った家具シリーズにはスツール「PW stool」があります。こちらもブルー系と赤系の2色展開。「cap」とセットで使って、小口部分だけのさりげない“お揃い”を楽しめます。

DIYが得意なら、「Paper-Wood」の板を購入してオリジナル家具をつくるのもいいかもしれませんね。
あなたのセンスで自由に遊んでみてください。

(photo : Ryokan Abe)

(C)PLYWOOD laboratory

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

ウォールシェルフ「cap」

PW_cap02

「Paper-Wood」を使ったウォールシェルフ

  • 製造元   滝澤ベニヤ株式会社
  • デザイン  DRILL DESIGN
  • サイズ
    S(redorange):  W140×D100×H100(もっとも長い部分)
    L(bluegreen):  W200×D130×H130(もっとも長い部分)

 

購入は滝澤ベニヤ株式会社まで
TEL :0124-27-3111
FAX:
0124-27-3113
Email: info@plywoodlaboratory.jp

※価格に送料は含みません。

S(redorange)

¥9,500(税別)

L(bluegreen)

¥12,500(税別)

  • Renovation Styleとは?

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!