【BODUM / フレンチプレス】香り高いコーヒーが、1日の心地よいスタートを約束

早朝の澄んだ空気の中、こだわりのコーヒーを淹れるひと時は、他にはない楽しみがあるもの。それが、例えば逸品のフレンチプレスだったとしたら、どうでしょうか? 香りと風味が最大限に引き出された1杯が、1日の心地よいスタートを約束してくれるはずです。

手軽に美味しいコーヒーを楽しめる、クラシカルなフレンチプレス

コーヒー器具やキッチン用品を製造する『ボダム社』は、1944年にデンマーク・コペンハーゲンで設立されました。同社の製品は現在55もの国で販売されています。インダストリアルなデザインと機能性で、これまでに数々のデザイン賞を受賞してきた老舗のブランドです。

初めてフレンチプレスタイプのコーヒーメーカーを発売したのが1974年。その時のモデルは『ビストロ』でした。それ以降、たくさんのモデルが登場し、さまざまなサイズ・形・色が揃うようになりました。

  • 1573-01
    現在“ビストロ”を冠する『BISTRO NOUVEAU』。当時の意匠は脈々と受け継がれています。

中でも人気があるのは、1950年にフランスはパリで使用されていたものを、忠実に再現してつくられた『シャンボール』。同社の代名詞ともいえる製品です。

耐熱ガラスと金属フレームのスタイリッシュなコンビネーションと、握りやすさを考えた黒ハンドルが特徴的。蓋とフレームは時間が経っても光沢を失わないよう、工夫を凝らした製造プロセスを経て、1点1点丁寧に作られています。

  • 1928-16J (1)
    こちらが『シャンボール』。すっきりとした佇まいから、気持ちまでシャンとするような元気をもらえそう。
  • 10948-294J
    無駄な装飾を省いたシンプルなデザイン『BRAZIL』。キッチンに置くと、インテリアとしてもアクセントになるカラーリング。
  • 11198-16
    パリのカフェやレストランに通う全ての「コーヒー通」のために作られた機能性の高い『EILEEN』。
  • 11376-913
    モダンなスタイルのインテリアに合う、近代的なデザイン『BEAN』。
  • 4922-18
    『Sugar and creamer set』。フレンチプレスと一緒に、砂糖入れやミルクピッチャーもセットで楽しめる。

フレンチプレスは「本当のおいしいコーヒー」を味わうのに最も適した抽出方法だと言われるもの。豆本来の香りと風味を引き立ててくれるので、自宅でも手軽に本格的なコーヒーが味わえます。

ボダム社のフレンチプレスなら、その上品なデザインが何気ない食卓に優雅さを加えてくれます。

誕生国デンマークの朝を思い浮かべながら、香り高いコーヒーを味わう1日の始まりは、きっと欠かせない日常のワンシーンになるはずです。

BODUM / フレンチプレス

1923-16J (1)

環境に配慮し、効率的で機能的なデザイン、クオリティーを追求しているからこそ、世界中の多くの人々に愛され続けているのです。

 

 

会社名:BODUM®

問い合わせ先:BODUM®公式オンラインショップ

https://www.bodum.com/jp/ja/

(※画面左下「サポート」のマークから問い合わせ可能)

 

 

公式サイト:https://www.bodum.com/jp/ja/

(価格・ラインナップは2018年7月現在のものです)

CHAMBORD® フレンチプレスコーヒーメーカー 0.35L

¥4,320(税込)

  • HOW TO RENOVATION
  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?