自分だけの密室、家の中に作ってみませんか?【ぼっちてんと】

2017.12.08

「あーもう、一人になりたい!」って時、ありませんか? 一緒に暮らす恋人や家族から離れられる空間に引きこもりたい。隔離された状態で仕事に集中したい。そんな場所を求めている方に、朗報です。

テントで光も人も娯楽もシャットアウト。「追い込み部屋」にどうぞ。

自宅で仕事をしている方々、こんにちは。集中、できてますか? できてませんよね!? 在宅で作業するということは、テレビ、本棚、冷蔵庫など、数多くある誘惑との闘いではないでしょうか。かくいう私は惨敗し続けています!
カフェやファミレスで気分を変えてみることも良いけれど、電源がないところだと心許ないし、あんまり長時間いると人の目が気になるし……ということで、結局家でばかり作業している人も多いはず。となると、住まいでいかに集中しやすい環境をつくるかが大切になってくるのではないでしょうか。

そこでおすすめしたいのが、部屋の中に密室をつくることができる商品『ぼっちてんと』です。こちらはデスクをすっぽりと包み込むことができる室内用テント。使い方は簡単で、製品を広げて、机にかぶせるだけで完成です。例えば締め切り前で追い込みをかけたい時、外部との接触が遮断されるので余計なものが目に入らず、没頭できるのではないでしょうか。

サイズ展開は、横幅130cmと110cmの2種類。製造しているインテリア用品ブランド『バウヒュッテ』のデスクに合うよう、設計されています。とは言っても家庭向けに市販されているものの多くも120cmか100cm幅なので、家で使っている作業台などでも、サイズが合えば使用することが可能です。

  • _prw_PI18fl_qV31QqQj
    この狭さが落ち着きそう。密室で自分の世界に没頭してみては?

この商品の特長は、遮光性の高い素材を使用しており、暗室のように使える点。照度計による測定でも、家庭用のものでは計測できないほど暗い環境をつくることが示されています。これにより、さまざまに活用することが可能です。仮眠室としての使用もOK。色彩変化が低減されるので、デザインやグラフィックの仕事をしている人が色を大切にした表現や作業をするのにも向いています。テントの天井部は開閉できるので、暗過ぎる場所が苦手な人はここで明るさを調整することもできて安心ですね。

  • _prw_PI14fl_De3i40sO
    テントの中は真っ暗なので、夜型の人も、ここでは仕事がはかどるのでは。
  • _prw_PI17fl_52ig34q9
    高さは150cm。家族の皆さん、上から覗くのは禁止です。

なかなか自分のスペースが取れない方にも、ぼっちてんとはプライバシーが守れるのでおすすめです。ネットカフェのような空間をお家にもつくってみてはいかがでしょうか。

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

ぼっちてんと

_prw_PI4fl_zsREeNew

机をすっぽりと覆えるテント。集中して作業したい時や、趣味に没頭したい時などにおすすめです。

 

サイズ:BT1-110-BK(W1100mm×D1300mm×H1500mm)

BT1-130-BK(W1300mm×D1300mm×H1500mm)

 

重量 :BT1-110-BK(2.7kg)

BT1-130-BK(2.85kg)

 

公式サイト:http://www.bauhutte.jp/product/bt1_110_130/

(価格・ラインナップは2017年12月現在のものです)

 

ぼっちてんと / BT1-110-BK

¥9,369 (税込)

ぼっちてんと / BT1-130-BK

¥8,547(税込)

  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!