パーソナル空間を、瞬間リフレッシュ!【Blue Pure 411 Particle + Carbon】

ハウスダストや花粉、ウイルスやカビなど空気中に潜むアレルゲンに身体が反応してしまうことはありませんか? 近年では発症の低年齢化も警鐘が鳴らされていて、子どもから老人までアレルギー疾患のリスクと隣合わせです。そんな中、一瞬で周りの空気を清浄できれば、突如おそってくるツラい症状を減らせるようになるかもしれませんよね。お心当たりのある方、必見です!

パーソナルな空間だからこそ、ピュアであってほしい。

「換気」を意識して生活している家庭って、それほど多くないかもしれません。近頃は24時間の換気システムが導入されているマンションなどが増えてきましたが、ひと昔前まで、特に調理中などは30分に一度の割合で、空気の入れ替えをする方が良いといわれていました。幼い頃に、台所で夕食の支度を始めた母や祖母に「窓を少し開けてきて〜」と言われたことを懐かしく思い出します。実際は、特に木造の一軒家では、通常の生活を送るだけで、ドアの開閉や窓の隙間から、「すきま風」として自然な換気ができていたのですが……。

現代の建物は、室内が密閉されて空気が循環しないので、汚れにつながります。それがハウスダストなどによるアレルギー症状などへの引き金のひとつとなってしまったのですから、まさに現代病と言われる所以です。お住いの家屋と換気システムがトータルで設計されているのが理想ですが、なかなかそうもいかないのが現実ですよね。

そこで頼りになるのが「空気清浄機」なのですが、家電量販店などで見かけるものはサイズも大きく場所を確保することが大変です。また吸気や排気が本体の一面だけのものが多く、壁を背にするしかレイアウトの選択肢ないために、設置できる箇所も限られてしまいます。しかし『ブルー ピュア 411 パーティクル プラス カーボン』は、粒子をイオン化する独自技術と自社フィルターの組み合わせにより、コンパクトながらパワフルな清浄力を実現。360°どの方向からも空気を吸引し、花粉やウイルス、PM 2.5など細かな微粒子をしっかりと除去してくれます。寝室や書斎、子ども部屋など、よりパーソナルな空間をクリーンな空気で満たして快適なライフスタイルをサポートしてくれる製品です。

  • Blueair-01
    モダンなデザインで、インテリア性も高いです。

小型で軽量なのに、その威力は想像以上。13畳(22平米)程度の広さまで、サッと空気を清浄することができます。朝起きて、天気予報で花粉情報や大気汚染の値をチェックしてから電源を入れても間に合いそう(笑)。また、一般的な基準よりエネルギー効率が良いとされている省エネの国際的な制度『エナジースター』を取得しています。電気代は1日あたり0.8円 (スピード1の場合)と、一日中つけたままでも電気代を気にすることなく使用できるのも嬉しいですね。

プロダクト本体はシンプルな円筒形。少し丸みを帯びたフォルムは、室内の雰囲気を柔らげてくれます。部屋のイメージによって選べる3色のプレフィルターも、アクセントカラーというだけではなく、目に見えるホコリをキャッチしてメインフィルターを保護する機能も兼ね備えていて、インテリアコーディネートのアイテムとしても活躍してくれそうです。

  • Blueair-03
    まるでゴミ箱のようなサイズ感で驚きですよね。
  • 11
    省エネ設計に対応した、極細コード。
  • Blueair-04
    吸排気の方向を気にせずに、どこにでも置けちゃいます。
  • Blueair-05
    クルクルっと外すだけで、清掃もらくらく。
  • Blueair
    北欧デザインらしい、爽やかなカラーで全色そろえたくなります。

“人は誰でも、きれいな空気の中で生活をする権利がある。その想いがスウェーデン発ブルーエア社の原点です”、これは、世界中で信頼を得てきた同社のコンセプト。日本で暮らす私たちにとって「きれいな空気」を「権利」に結びつける発想に圧倒されてしまいます。

まずは試しです。環境先進国である北欧の考え方に乗ってみる。そして清々しい生活を手に入れたなら、それはかけがえのない商品に巡り会えたことになるのではないでしょうか。無意識にしている呼吸だからこそ、無防備が許される環境を整えることで大切な家族の健康を見直してみてはいかがでしょうか。

Blue Pure 411 Particle + Carbon

Blueair-07

パーソナルな空間のためのパワフル空気清浄機。コンパクトなボディにもかかわらず、きれいな空気をたっぷりと供給し、ハイスピード清浄します。

(価格・ラインナップは2018年1月現在のものです)

 

ブルー ピュア 411 パーティクル プラス カーボン

¥18,000(税別)

  • HOW TO RENOVATION
  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?