家具調ステレオを現代に【BAROO(バロー)】

2017.11.28

今回紹介するのは、旅行中に訪れた雰囲気の良いコーヒー屋に置かれていたオーディオです。カフェに似合うような暖かみのある外観。おだやかに流れる音が心地よく、ついその場所に長居してしまいました。

木製のノスタルジックなデザイン。簡単な接続方法で質の良い音楽鑑賞を

骨董屋さんで見つけると興奮しながら思わず触れてしまうのが『家具調ステレオ』です。20~30代の方には馴染みがないかもしれませんが、レコードプレーヤーとアンプ、チューナーを一体化させたものに、スピーカーが左右についたステレオのこと。アンティークショップで「キャビネットかな」と扉を開けるとレコードプレーヤーが出てくる品を見たことがないでしょうか? そう、あれです!
とにかく味があって、いつか購入してみたいのですが何せ大きいものが多い。広い部屋がないと、とてもじゃないですが置けません。

そんな風に考えていたら、このステレオを思わせるデザインのスピーカーを発見しました。長野県安曇野市にある家具屋『デラ工房』が制作している『BAROO(バロー)』です。まずはこちらの画像を見てください。

  • baroo-2
    木目の突き板が、美しい模様をしていますね。

いかがでしょうか? 左右にあるスピーカーネットはアメリカから輸入されたもので、ノスタルジックな雰囲気を感じませんか?? 

BAROOという名は、長野県にある『馬羅尾高原』の清流の音からイメージされ名づけられたもの。接続方法は簡単で、電源を入れて、Bluetoothに接続するだけで済んでしまいます。以前、ここから音楽が流れているのを聞いたことがありますが、過去にもスピーカーをつくっていた工房のためか、驚くほど響きの良い音です。

特に見てほしいのが「足」。一見シンプルですがちょこんと出ている様子が何とも可愛らしいです。部屋の中で過ごしていてふと視界に入れば、微笑ましい気分になるのではないでしょうか。

  • baroo-3
    スイッチは後ろに。操作が簡単なのでこれでばっかり曲を聴いてしまいそう。
  • baroo-4
    この足が可愛い! 木製なのでインテリアにも馴染むのでは? 

明るい陽射しが似合うリラックス空間に適したアイテム、BAROO。お茶をしながら、家事をしながらこれで音楽を流し、心地よい暮らしを手に入れてみませんか? 

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

BAROO(バロー)

baroo-1

木材を使用してつくられたBluetoothスピーカー。響きのいい音が楽しめます。

 

サイズ:W445×D140×H208(mm)
質量:4.2kg

 

公式サイト:https://www.derakoubou-order.com/bluetooth

(価格・ラインナップは2017年11月現在のものです)

 

BAROO

¥60,000(税別)

  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!