“おすそわけ”の心が生んだ、優しいスツール【AA STOOL】

2018.01.24

シンプルで無駄のないデザイン、木が醸し出す愛らしい雰囲気……この製品に惹かれたのは、デザイン的な要素がきっかけでした。何かに魅力を感じるとき、人によってその動機は様々だと思いますが、やはりどうしても、視覚的な情報に頼らざるを得ない場合が多いのではないかと思います。しかし、その背景にあるストーリーを知ったとき、それはより深みを持ち、無二の存在になるから、何とも不思議ですよね。

自由な発想で、あなただけの使い方を。

『AA STOOL』は、宮城県石巻市にある『石巻工房』と、『トラフ建築設計事務所』が協働で製作したスツールです。石巻工房の発足は2011年。デザイナーを中心とした有志により、東日本大震災によって被災した人々やまちを支援したいという思いから、世界初の「DIYメーカー」として歩み始めたのがきっかけでした。当初は「地域のものづくりの場」が主な目的でしたが、現在ではワークショップの開催はもちろん、実力派若手デザイナーとともに、様々なプロダクトを企画・開発・販売。地域の復興を目指し、デザインとDIYの可能性を模索しながら、新たな取り組みに挑戦しつづけています。

  • aa-01
    単純な構造ながら、使い道は非常にフレキシブル。

横から観るとアルファベットの「A」に見えることから、『AA STOOL』という名前がついたこのプロダクト。製品名から何となくピンときた方がいるかもしれませんが、そう、2脚で1セットなのです。2人で1つをシェアするという“おすそわけ”の発想から生まれた、心あたたまるこのスツールは、用途も幅広く、私たちに使い方を押し付けません。たとえば、椅子として使用する場合。単体ではもちろん、横につなげることで、ベンチとしても活躍してくれます。さらに、上に天板を置けば、テーブルに早変わり。使わないときは、前後に並べて収納すれば、複数個あっても場所をとりません。細部にまで思いやりにあふれたデザインですね。

  • aa-02
    少し高めに設計されているので、座ると背筋がシャンと伸びるのが嬉しい。
  • aa-03
    スツールはすべて受注生産。1点1点、丁寧につくられています。

レッドシダーという無垢材でつくられており、丈夫で耐候性に優れているので、アウトドアでも使用可能です。好みでオイルを塗装することもできますが、経年による木の変化を楽しむのもいいかもしれませんね。また、この材質の中でも軽い木でつくられているため、持ち運びも楽々。さらに、1枚の材木を使い切って1脚をつくるため、無駄がありません。人にも環境にも、優しいスツールなのです。

  • aa-04
    座面を脚同士が支え合って自立する構造。

人を、地域を助けたいという思いから生まれた『石巻工房』は、一貫した志のもと、様々なデザイナーと協力して、ますます活躍の場を広げています。それはまるで、互いに支え合い、そして自立する、このスツールのようです。デザインとDIYの可能性を探求しつづける同社の活躍から、目が離せませんね。

AA STOOL

44D298D2-940C-4B41-89B1-16C17ADA6614

26x90mmのデッキ材だけでできたシンプルなスツールです。重ね合わせて一体になっているスツールは2つに分けられ、来客があったときや、小さなスペースでは単体としても使えます。

 

素材:レッドシダー、杉、ヒノキ

サイズ(mm):

W 320 * D 420(2脚セット)/330(1脚)* H 500 〜 640mm

※高さは上記範囲内にてカスタマイズ可(10mm単位)。

最大荷重値:8t

 

公式サイト:https://ishinomaki-lab.org/products/aa-stool/

(価格・ラインナップは2018年1月現在のものです)

AA STOOL

¥36,720(税込)

  • HOW TO RENOVATION
  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?