vol.12  夏花! ワイルドリース

2017.08.20

太陽の光をサンサンと浴びた、夏の顔と言えば……。そう! 誰もがご存じの『ひまわり』ですよね。偶然、花びらが散ったところに遭遇し、「ん? 花びらがなくても何だかかわいい♡ ドライにできるかもしれない!」。この夏、ひまわりのように太陽を浴びたこんがりTommyは、焼けたお肌に似合うようなワイルドリースに挑戦したくなりました。
tommy_c_12_3

material

・ひまわり
・ハスの実
・紅オクラ
・黒ホオヅキ
・ラフランス
・テマリソウ染
・HBスターチス
・プロテア
・スモークツリー
・カンガルーポー
・フウセンカズラ
・グリーンリーフ
・グレビリア

仕込み

tommy_c_12_1

(花びらをちぎるシーン)スキ……、キライ……、スキ……。人生の中で、1度はやったことがあるはず(笑)。
そんなことを思い出しながら、花びらをとります。

 

tommy_c_12_2

あら! やっぱり。花びらがなくても、それなりに可愛いですね。
自分の発見のように言っていますが、実はすでに花びらのないひまわりは切り花として、ちらほら出回っているようです。

そして、風通りの良い場所で乾かし何日かかけてドライにします。

ワイヤリング

tommy_c_12_4

今回、目指すのは『ワイルドに』ということ。細かい作業は避けたいので、ワイヤリングするのは、少なめにしておきます。

まずはスモークツリーから。

tommy_c_12_5

続いてスターチス。ツイステングします。リースにはこのワイヤリング法をよく使いますよ。

くっつける

tommy_c_12_6

さぁ、ここからいよいよワイルド劇場がはじまります。こちらはグレビリア。
そう! 覚えてますか? リースコラムの初回に出てきた葉っぱです。

tommy_c_12_7

懐かしさに浸りながら、グルーガンでガンガンくっつけていきます。(事故多発)

いつものリースの花材の配置はほぼ均等が多いのですが、今回のテーマはワイルド。素材を強調すべくグルーピングしていきましょう。

tommy_c_12_8

さて、ワイルドといえば最近人気のワイルドフラワー系のプロテア。ボリューム、強さ、硬さ、存在感、まさにワイルド級なのです。

tommy_c_12_9

大きくて重みのある花材は数カ所グルーガンで接着して、しっかと留めます。

tommy_c_12_10

夏といえば、蓮。お盆が終わり、蓮の実のドライがちらほら登場します。
グロテスクに感じるか、格好良く感じるかは、それぞれ好みが分かれるところです。私は、この変な形が好きでワイルド系に加えました。

tommy_c_12_11

なんだこれ?
そう、オクラです。野菜も植物。最近は、見せる植物としてさまざまなタイプが栽培され、切り花として出回っているんです。

tommy_c_12_12

これはオクラだよ! とわかるように、ヘタの部分も見せて、いろんな角度でくっつけていきます。

続いて、シワシワのラフランスも。
ワイルドとは、野性味が溢れた雰囲気が大切。素材が飛び出すような勢いをつけて、動きを出していきます。

 

tommy_c_12_13

スモークツリーはクッションのように。強みばかりじゃ、息がつまりますよね。スモークツリーのさりげない優しさを注入します。

tommy_c_12_14

そしていよいよ、ひまわりです。ひまわりはドライになると驚くほど縮まりますね。唯一花っぽい顔をしているので、しっかりお顔を見せてあげるように、くっつけていきましょう。

tommy_c_12_15

さらに今度は、スターチスの可愛らしい優しさを注入です。ワイルドの中の息抜き的な感じに。

tommy_c_12_16

こちらはカンガルーの前脚に似ている、カンガルーポーというオーストラリアのワイルドフラワーです。形が面白く、動きもつくのでつけてみます。

tommy_c_12_17

ドライフラワーはどうしても色あせてしまうもの。でも、少しは色が残って欲しいので、グリーンリーフのプリザーブドを忍ばせます。

tommy_c_12_18

お盆の時期、ホオズキをよく見かけませんでしたか? 最近は小さめで、おしゃれな色のものがあります。いまは茶色のホオズキも、最初は黒味がかった、グリーンでした。季節を感じ取れるものなので、最後のワイルドを付け足します。

そして、完成! 焼けたお肌に似合うリースということで、Tommyとリースの写真をお届けできたらよかったのですが、あまりに暑苦しすぎて、NGと判断。少々遊びすぎました……(反省)

tommy_c_12_20

さて、昨年の9月からスタートしました、リースコラムもこれにて涙、涙の最終回。
語彙力が乏しいTommyのヘンテコリンなコラムに辛抱強くお付き合いいただきありがとうございました。
皆様も、何もクリスマスだけではなく、季節を感じてリースをつくる素敵な時間を過ごしてみてはどうでしょうか。

永遠の象徴とされるリース。わかりやすいデザインなので、あとは素材の組み合わせを工夫して、くっつけていくだけと実は簡単なのです。仕上がったリースを見ていると、きっと日々の暮らしの豊かさに気づき、幸せを感じることができるんじゃないかな〜と思います。

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

Tommy

tommy_prof

NFD公認スクールで資格を取得後、ドイツフローラルスタイルの花の造形を学び、本場フランス パリでディプロマを取得。
フラワーショップ、大手ホテル 式場でフラワーコーディネーターとして就労。
2016年 Tommy製作所 設立。

日本フラワーデザイナー協会 講師認定
国家検定 一級フラワー装飾技能士

公式サイト:http://tommyworks.jp

  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?
  • renosta 未経験者OK ライター募集中

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!