はいっ。こんにちは! ファンク・ダ・ネオーンです。

さて、今回はですね、なんと“イベント出展”に挑戦!
普段お客さんとして骨董市とか手作り市などに行くのは好きなのですが、それが今回はお店側になるということです。
そして今回でるイベントはこれ!

ハンドメイドインジャパンフェス

東京ビッグサイトで行われる、とても大きなイベントですね。(語彙力の無さ!)

僕もよく知っているブランドさんや、名だたる作家さん達が出ていたり、はたまた豪華アーティストによるライブもあったりと、とても大きいイベントです。(語彙力!)

正直まだ僕が出ていいようなイベントではないような……。
いやいや、ここは恥を覚悟でいざ出てみようじゃありませんか。腹を決めましょう。

何はともあれ、まずは出展に向けて商品をいっぱい作っていかなければ!
僕は山が大好きなので山をテーマにした物を作っていきたいのです。
屋号の『ケにハレ』というのも「ケ」=日常 に 「ハレ」=非日常(ハレの日のハレです。僕の場合は登山)を感じられるような物作りがしたい、という意味が込められています。

その山をテーマにした最初の作品がこちら。キーケースです。

c_12_00
架空の山脈をモチーフにしています。作った当初は「なんかストレートすぎるなあ」と思っていたのですが、日々使っているうちに自分でもなんだか愛着が湧いてきて困ります。

今回はこの山脈シリーズでL字ウォレットをメインに出展しようと思います。

では、3分間クッキング並みに素早く作っていきましょう!(実際は時間かかってます)
余談ですが子供の頃、3分間クッキングって3分以内に料理を作るタイムトライアルだと思っていましたよ。「煮物とかどうすんだろ?」って。

ガシガシ作っていきます!

c_12_01
まずはいつも通りイメージやサイズなどを詰めていきますね。

このノートのしわしわ具合はよくあるアレですよ。ええ、間違って洗濯しちゃったんですよ。ノートごと。

よくあることなので気にしていません。あああ〜! め、め、めっちゃしわしわやんけ〜!!
c_12_02
さて、型紙を作って革も用意しました。シンプルな作りなのでパーツとしては少ないですね。
c_12_03
型紙に沿い、銀ペンで縁取ります。
c_12_04
こんな感じになりました。さて、次は……
c_12_05
トコノール! 大好き!! 床面をキレイにしておきます。
c_12_06
このなみなみのパーツは山脈部分です。

焼き印も押しときましょう。この焼き印、最初の頃はやたら焦がして失敗してたんですが、最近やっと温度のタイミングというかコツをつかんできました。
c_12_07
外側にくる革に接着し、山脈に沿って縫い穴をあけていきます。
c_12_08
ポップな仕上がりにしたいので、今回はこのカラフルな糸を使用。
c_12_09
縫い終わり。ポップですね。あとステップとジャンプです。
c_12_10
他のパーツも仕上げていきますよ。これはコインポケットになります。
c_12_11
マチ(びろびろの部分)は後からでは穴があけれなくなるので、いったん両面テープで仮固定をして穴をあけておきます。穴をあけたあとは剥がしますよ。

さくさく出来上がっていきます。

c_12_12
トントンカンカン。部屋がカオスですね。普段はそんなこともないんですよ。まあ、嘘ですがね。
c_12_13
ファスナーは両端をボンドでくっつけてキレイに。
c_12_14
ファスナーを接着して乾かしてから縫っていきます。洗濯バサミ大活躍。
c_12_15
片側が縫えました。反対側も同様に接着してから縫います。
c_12_16
ファスナーの取り付け完了。
c_12_17
続いてマチ(びろびろ)を付けましょう。すでに穴はあけてあるので接着して縫うだけです。
c_12_18
なんだか寒い地域にいそうな魚ですね〜。
c_12_19
取り付けも完了。後はコバにヤスリをかけ、磨きます。

やっとこ完成!

c_12_20
ビバ! 完成!!
c_12_21
使うときはこんな感じになります。
c_12_22
てのひらサイズで可愛いですね。

ちなみに僕の指は太いので夕方の会議の時に「ファンクさんの手を見てたらお腹減った」という賛辞をもらったことがあります。

そしてハンドメイドジャパンフェス当日!

c_12_23
やってきました東京ビッグサイト。見てくださいこの遠近感。

うう、正直こええ〜。ホントに僕が出展していいのかな……。
c_12_24
とはいえ、割り当てられたブースを準備してイベントスタート。

ブースは自分のスペースからはみ出したり周りに迷惑をかけないものであれば、基本的に自由に設計できます。

なので出展に慣れた作家さんのブースは目を見張るものがありますよ。
ちなみに僕のブースは普通に商品を並べただけなので、全然だめですね。

そして夕方。イベントが無事に終わりました。

作り手さんとお客さん、直接コミュニケーションが取れるイベントというのはやはり楽しかったです。

肝心の出展の結果はどうだったかというと……正直まったくダメでした。

僕はよくレザークラフトをバンド活動に置き換えるのですが、例えるならやっとオリジナル曲が1、2曲できたくらいのバンドが普通にメジャーどころのアーティストがバンバン出演するフェスに出てしまった、といったところでしょうか。どうなるか結果はイメージできますよね。

色々な方が見てくださり、嬉しい意見も厳しい意見もいただいて本当にとても勉強になりました。

ダメだった点を記すとキリがないので書きませんが、それでもやっぱり今回出展して良かったです。
上手くいかなくても、恥をかいてもチャレンジしないと分からなかったことってたくさんあります。
c_12_25
ちくしょー! 見てろー!! 次回のイベント出展の時はめちゃめちゃお客さんに笑顔でいっぱい買ってもらうぞー!!!!
そんな誓いを立てたイベント出展でした。

ではまたネクストマンスー!

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

ファンク・ダ・ネオーン

profileneo

普段は普通のサラリーマン。
あるとき独学でレザークラフトを始め見事にはまる。

以来、頼まれた物など失敗や試行錯誤を繰り返し作り続けている。

今欲しい物はリアルに革漉き機とミシンだが、部屋に置く場所が多分ない。

  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!