vol.05  ミュージシャン夫婦からの依頼

新年あけましておめでとうございます! ファンク・ダ・ネオーンです。年末年始の謎の落ち着かなさってなんだかいいですね。



まあ、細かいことは置いといて今年は色々とやっていくつもりなので頑張るしかないな、という感じでございます。


さてさて、今回は奥さんがシンガー、旦那様がピアニストというミュージシャン夫婦からのご依頼。夫婦ともにミュージシャンって案外少なかったりするのかしらん。

肝心の依頼は、奥さんはウォークマンケース、旦那様はリストバンドというなんともミュージシャンらしい内容。まず今回は奥様の方のウォークマンケースを作っていきますよー。
c_5_01
はい。これが使用しているウォークマンだそうです。

さすがかなり使い込まれていますね。サイズを聞くと縦約9.5cm、幅約5.2cm、厚さ約1cmというところだそうです。

僕は普段、音楽はスマホで聞いていて、ウォークマンに久しく接していないのですが最近のはこんなに小さいのか……。

小学校の頃、カセットテープの太くて頑丈なウォークマンを肌身離さず持っていたのが懐かしい……。あの時は野を駆け山を駆け……

回想はいいとして、まずはカフェでイメージをたしなめます。めっ! イメージめっ!!

イメージたしなめ

c_5_02
出された条件は二つ。

・首から下げられる事。

・液晶は見えるようにしたい。

ということで、何案か考えた結果、赤丸のデザインが良さげなので、さっそく作ってみます!

今回、現物を借りていません。なのでまずはウォークマンのサンプルを作ることに。
c_5_03
図面を描いて……
c_5_04
組み立てます。改めて小さいな。
c_5_05
次にケースの方も図面を描き切り出します。
c_5_06
ふむふむ。機能としてはなんとか果たしているような気もしますがなんか……正直よく分からないですね。

ふむ。なにはともあれ進めましょう。
c_5_07
レザーに銀ペンで図面を写します。
c_5_08
切り抜き切り抜き。ちなみに写真上部の謎の物体は前髪です。
c_5_09
はい。こうなりました。

思ったよりも短い、重なる部分が足りないなど、色々と改良ポイントはありますが……
c_5_10
う〜ん。これ、改良したところでどうよ? デザイン的な部分でちょっとピンときません。

う〜ん。う〜ん。

……決めた! 一からやり直しましょう!!

やりなおし!

c_5_11
というわけでもう一回イメージを作り直します。次は袋型でスポッと入れるタイプにしました。
c_5_12
早速、切り出します。
c_5_13
ここで新兵器。角を綺麗に落とす道具を先日ゲットしましたのでもちろん使いましょう!

余談ですが買った日に刃を触ってしまい軽く流血しました。
c_5_14
重ねて慎重に角にあてて木槌で打ちます。
c_5_15
ほへー。なるほど、なるほど。

今まで角は細かく削って、ヤスリで整えるという作業をしていたので随分楽になりました。

さすれば、革の床面を綺麗に鞣しておきましょう。

鞣すと言えば……
c_5_16
はいっ、トコノール! もう流行語大賞をあげていいと思います。

前回より器がでかくなってるのは気にしないでください。器のでかい男になりたい僕の願望が反映されただけですから。
c_5_17
塗り塗りしていき、
c_5_18
ガラス板でゴシゴシと伸ばします。
c_5_19
完了です。乾くのを待っているあいだはやはり暇ですね。 コンビニに行って雪苺娘でも買ってきましょうか。
c_5_20
いや、時間を有効に。この間に別に革も切り出し鞣しておきます。何に使うかは後々。
c_5_21
乾いたら液晶部分の窓も切り抜いておきましょう。
c_5_22
集中しすぎてオーラが発光したためカメラが白飛びしています。
c_5_23
よし! サンプルをはめてみましょう。
c_5_24
あれ? んん? んんん!? もしや……

窓枠、端からの寸法間違えた!?
c_5_25
ぐあああああああー! ここまでやったのにー!! 何回ミスるんだー!!!!

……切り替えましょう。うん。切り替え大事!

テイク・スリー!!

c_5_26
もう一回やり直します(泣)
c_5_27
さて、リベンジです!
c_5_28
よし、今度は大丈夫です。
c_5_29
ここで先ほどトコノールが乾くまでに準備していた革の出番です。この革にリングを取り付け、さらにボタンも付けます。
c_5_30
器具を使いボタンを取り付けます。
c_5_31
本体の方に受けも取り付け。
c_5_32
このようになります。ちょっと余裕を持たせているのがミソです。
c_5_33
上部を本体と固定するため穴をあけ、縫い付けます。
c_5_34
シンプルに縫い付け、焼き印も入れました。
c_5_35
貼り合わせの部分にボンドを縫ってくっつけます。
c_5_36
乾くまで待ちましょう。今度こそ雪苺娘買ってきましょうか。

固定の際はクリップで革を挟んで型が付かないようにする技を覚えました。
c_5_37
ボンドが乾いたらグルーバーで線を入れ、
c_5_38
縫い穴を打ち空けていきます。
c_5_39
そして黙々と縫い付ける。
c_5_40
といってもサイズが小さいのですぐに縫い終わりましたね。
c_5_41
そしてコバにヤスリをかけます。シュッシュッシュ。
c_5_42
トコノールでコバを綺麗に磨き上げ、
c_5_43
本体の方は出来ました!

しかしまだ完成ではありません。

首から下げるためのロープ(?)を作ります。
c_5_44
革ひもは既成で売っているものが残っていたのでそれを使用します。

そして今回どうしても使いたかったハートの金具を使います。ハートってちょっと使うことをためらう感じですが、こんなイカついハートならば許されるでしょう。

この金具、裏から固定できるようになっています。
c_5_45
フック部分はこうなるので
c_5_46
穴を空け、ここをハートの金具で固定します。ちなみに通常はこういうときはカシメと呼ばれる金具で固定します。
c_5_47
ハートの存在感半端ないですね。いい感じです。
c_5_48
これを合体させていよいよ完成!
c_5_49
ちなみに裏面のボタンにしたところはイヤホンをまとめるためでした。なのでちょっと長さに余裕を持たせたのです。

多分これはあったら便利だろなと。

現物が手元にないので、実際にはまったところが確認できていませんがやれるところまではやりました。

しかし今回、なぜか年末で気もそぞろだったせいかミスが多かったですね。集中大事!

次回は旦那さんの方のリストバンドを作りますよ!
c_5_50
ホントに買ってきました。求肥は美味しい。

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

ファンク・ダ・ネオーン

profileneo

普段は普通のサラリーマン。
あるとき独学でレザークラフトを始め見事にはまる。

以来、頼まれた物など失敗や試行錯誤を繰り返し作り続けている。

今欲しい物はリアルに革漉き機とミシンだが、部屋に置く場所が多分ない。

  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?
  • renosta 未経験者OK ライター募集中

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!