vol.03  スマホカバーの依頼が来た

こんにちは! ファンク・ダ・ネオーンです。
もうすっかり涼しくなりましたが少し前に出ましたね。『iPhone7』が。皆さんはもう機種変更をしたのでしょうか。

さて、今回は早速『iPhone7plus』に機種変更をした方より「手帳型レザーカバーがほしい」という依頼があったので作ってみたいと思います。

先に完成品を見せちゃいましょう! こうなりました。
c_3_01
iPhone7plusのサイズなのでけっこう大きめです。赤いレザーが美しいですね。

はい! これ、作ってみましょう!!

それでは早速、今回の行程をご紹介したいと思います。

①打ち合わせ
②図面を書き、色々と想定をする。
③素材を揃える。
④いざ制作。

打ち合わせ

「iPhoneカバー」と一口にいっても様々なかたちの物がありますよね。
完成してから「あれっ?」とならないよう、依頼者の方が求めるイメージを、直接ヒアリングします。

その結果、

・手帳タイプ
・カードが2、3枚入ると嬉しい
・ボタン(フック)は真鍮がいい
・色は渋めの赤がいい
・肴はあぶったイカでいい

ということでした。なるほどなるほど。しっとりとした大人なスマホカバーになりそうな予感です。

図面を書く

まず、iPhone7 plusのケースサイズがよく分からなかったので電気屋さんで先にケースだけ買ってきました。
それをもとにして、さっそく図面を書いてみます。

革を買う時にどのくらいの大きさのモノを買えばいいかが理解できるので、基本的に図面を書くことをおすすめします。

で、書いたのがこれ。
c_3_02
まずはざっくりとサイズを入れて書いてみます。

実はスマホカバーを作ったことはなくて、僕にとって今回が初めての制作となります。

ということで、まずは雰囲気をつかむために、余っている端切れの革で簡易に作ってみることにします。サイズは僕の「iPhone5」で。

で、出来たのがこれ。

c_3_03
c_3_04

糸は縫わずに雰囲気だけつかみます。これで折り曲げてみると見事に幅が足りないことが分かりました。

一応、革の厚みも考慮はしていたのですが思ったより幅をのばした方が良さそう。

良かった。デモで作っといて。

さて、もう一度図面を書き直して、本番の型紙を作ります。
c_3_05

型紙は普通のマス目入りの方眼紙を使っています。懐かしくないですか? 小学校以来、見たこともない方も多いのでは。

書いた通りに輪郭で切り取って……
c_3_06
型紙の完成です。
c_3_07
切った型紙を実際に折って組み立ててみます。うん。今度は幅は大丈夫ですね。
c_3_08
ただ、折り返しの部分の長さがちょっと気になったので、ここは短くして調整を入れます。

素材を集める

さて、赤い革はそもそも持っていないので買いに行きましょう。
c_3_09
行ったのは浅草橋。革関係のお店が多いのです。 そして仕入れた革がこれ。
c_3_10
いい感じですね。外側用と内側のカードケース用で、厚みの違う2枚の革を用意しました。
c_3_11
その他に、超強力な両面テープ、麻糸、ホックを用意。 写真は「バネホック」と呼ばれるものになっていますが、後で「ジャンパーホック」に変えました。麻糸は今回、赤色をチョイス。

いよいよ、制作!

ではここからいよいよ制作に入ります。まずは型紙を革に写します。
c_3_12
写真の「銀ペン」と呼ばれるものを使用します。裁縫でいう「チャコペン」ですね。
  • c_3_13
革に型紙を合わせて ……
  • c_3_14
型紙を銀ペンでなぞって革へトレースをします。
c_3_15
するとこうなります。
c_3_16
次は描いた線に沿って切っていきます。 刃物を使う時は集中して指を切らないようにしましょう。 革包丁が使いづらければカッターナイフでももちろん大丈夫です。
c_3_17
革が切り抜けました。
c_3_18
ここで念のため重ね合わせて閉じてみたりしました。うん。今度は大丈夫そうですね。

それでは次にこの切り離したパーツごとに処理をしていきます。
まず、革は何も処理をしていないと裏面(床面:とこめんと言います)は非常にざらざらと毛羽立っているのです。これを鞣して(なめして)きれいにしていきます。鞣す時にはこれを使うのです。
c_3_19
なんかいいネーミングですね。
c_3_20
トコノールはクリーム状になっているので指で取り、床面に塗って伸ばします。 そしてガラス板と呼ばれる物でごしごしとクリームを伸ばしながら平らにします。(なければ何か別の平らな板状のものでもなんとかなります)
c_3_21
これをすべてのパーツに対して行います。すべてにトコノールで鞣し終えたらしばらく放置して乾かします。

ちなみに接着する面は鞣さずにあえて毛羽立たせておく方が接着剤が良く効くのでそのままにしておきます。もしくはカッター、革包丁やヤスリなどでザギザギにしておきましょう。
c_3_22
今回で言うとスマホの下に来る部分などはノートコノールです。ノートコノール。二回言ってみましたよ。

さて、このバラバラのパーツを組み合わせていきましょう。まずはカードケース側から攻めましょうか。
c_3_23
接着する部分(端っこですね)はあえてザギザギにしています。
c_3_24
接着剤を塗ります。
c_3_25
接着剤はプラスチックのヘラなどで端っこまできれいに広げます。

ここでポイントなのが、接着剤は塗った後すぐに貼り合わせるのではなく、少し乾かしてから貼付けた方が接着が強くなります。何でかは科学的な話っぽいのでうまく説明できませんが。
c_3_26
接着できました。次の行程としては、このカード入れの下部分だけを縫います。パンツ型なのでちょうど大事なところですね。

上の写真の右の道具を見てください。これはグルーバーと言って革に沿ってまっすぐ線を引くための道具です。単体で見ると使い方が謎でしかないですが……
c_3_27
こう使います。段差に沿わしてスライドさせると……
c_3_28
こうやってきれいに線が引けます。使ってみるとかなり便利な道具です。

次はこの線に沿って縫い目をあけていきます。そうなんです。レザークラフトの場合、事前に縫い目をあけておくんですね。そこが布との大きな違い。
c_3_29
線に沿ってこの菱目打ちで穴をあけるのですが、①は下の革の位置です。②③④は二枚重なった位置ですね。

伝わっていますでしょうか……。まあ進めます。

これで上からハンマーで打ち付け下まで貫通させます。あっ、これをやるときは革の下にゴム板を敷いておきましょう。
c_3_30
次です。先ほどあけた穴の一番端。写真で言うと白の④です。そこに黒の①が重なるように次は穴をあけます。

こうすることによって、穴の間隔が一定に揃うというわけですね。
c_3_31
コンコンと打っていきます。
c_3_32
打ち終わりはこうなります。次はこれを縫います。ちょっとややこしいですよ~。
c_3_33
まずは糸を用意。 麻糸を使う場合、ロウを何回か通して毛羽立ちを抑えます。またこうする事でロウでコーティングされ丈夫になります。

ここでおそらく糸の長さはどうすればいいのだろう? という疑問がでてくるかと思います。糸の長さは「縫う辺の4倍の長さ+針の余裕部分」で考えておけばだいたい大丈夫です。

ちなみに縫っている途中で糸が足りなくなると結構ややこしいので、出来ればキッチリの長さより余裕を持っておきたいところ。

では、このロウ引きした糸を針に通します。レザークラフトの場合、両端に針がつくかたちになります。
c_3_34
まず端っこを針穴に通します。
c_3_35
通した糸の適当な箇所に針をブッ刺します。糸の狭い幅の真ん中に何とか通してください。
c_3_36
そして先を引っ張って……
c_3_37
針穴の部分に詰めてOKです。結ぶと玉が出来てしまい、縫い穴で詰まりますのでの、ここは僕の言うことを聞いておいた方がいいです。

反対側も同様に針を付けます。これで糸の両端に針が付いたことになります。では縫っていきましょう。
c_3_38
まず、穴の端から針を通して、
c_3_39
二本の糸の長さが同じになるように引っ張ります。
c_3_40
で、隣の穴に刺す。
c_3_41
今、裏から見るとこうなっています。次はAの針をBの穴に差します。そうです。こうして交互に穴を通していくのです。
c_3_42
断面的にはこういうことになります。
c_3_43
反対からも通して……
c_3_44
適度に引っ張る。これを繰り返します。
c_3_45
するとこうなります。

で、縫い終わりの部分ですが、基本的には見えない反対側の根元を少しだけ残しはさみで切って、ライターであぶってライターのお尻でつぶす。もしくはコテで焼き付けてつぶす、という風にまとめます。
c_3_46
一つ言い忘れてました。端っこなどの負荷がかかりそうな箇所は、一回縫って、再度一穴戻って二重に縫うと、その箇所が丈夫になります。
c_3_47
この赤丸部分などは負荷のかかる箇所なので二重に縫います。

また最後の針も表に出たやつは一つ戻って裏面に糸を通してまとめるようにしましょう。
c_3_48
次にカードケースを重ねて接着し、右側だけ先に穴をあけました。この部分は先に縫います。

なぜ右だけ縫うかというと、この後カバーとくっつけてしまうので、その後では縫えなくなるからです。
c_3_49
地味に縫っていきます。ボーダーは少しオシャレに見えるので色々とごまかせる気がしますね。あと前髪が少しうっとうしいです。
c_3_50
右側だけ縫い終わりました。
c_3_51
次はスマホをくっつける部分を貼り合わせます。ここは全面に接着剤を塗りガッツリと貼り合わせます。

乾かして綺麗にくっつきました。
c_3_52
あっ、
c_3_53
折り曲げ部分にシワが……。大きなミスです。平らにして貼り合わせたために、革の厚みの分、内側にシワがよってしまいました……。

このままではあまりにかっこわるいのでやり直します。しかし失敗を想定していなかったので革がもうありません……。
c_3_54
はい。再び浅草橋! そういや、前も財布作った時に同じ失敗をしたような……。悪夢は再び繰り返されるのです。

はい! では気を取り直して!!
c_3_55
ボタンを付ける出っ張りはあらかじめ曲げた状態で貼り合わせます。こうしないと曲げた時にどうしても皺が出ますので。(失敗したのは無かったことにしました)

また、曲げて張り合わせると内側の革がはみ出るのでその部分は綺麗に切り落とします。

乾いたら次はボタンを取り付けましょう。
c_3_56
今回は革が厚めなのでバネホックより強力なジャンパーホックと呼ばれるボタンを取り付けます。

このジャンパーホックだけでなく、ボタン類は金、銀、真鍮、黒などの種類があります。
c_3_57
まず金具を取り付けるための穴を空けます。この道具は先端に丸い刃物が付いていて上から金槌で打つと綺麗に穴があきます。

フックを打ち付ける時は専用の台を使います。
c_3_58
台にフックを置いて……
c_3_59
c_3_60
セットして……
c_3_61
専用の打棒で打ち付けます。打棒はボタンのサイズにそれぞれ合ったサイズのものがあります。このときの注意点は、一気に打ち付けるのではなく、少しずつ打っていくとキレイに仕上がりやすいです。
c_3_62
反対の受け側、メス? オス? も取り付けます。
c_3_63
はい。いい感じにジャンパーフックが取り付けられました。次はカード入れの方もパーツを貼り合わせていきましょう。
c_3_64
接着剤を塗って……
c_3_65
はい。しっかり貼れました。形になってきましたね。

角を丸く切って、針穴をあけていきます。
c_3_66
グルーバーで線を入れ……
c_3_67
菱目打ちで針穴を空けていきます。
c_3_68
はい。こんな感じになります。
c_3_69
そしてこれも縫っていきますよ。
c_3_70
バンバン縫っていきましょう。
c_3_71
縫い終わりました。ここまで来るといよいよあと少し。
c_3_72
あっ、カメラの穴もくりぬいて空けておきます。少しやりづらいので苦労してください。

さて、大事な仕上げが残っています。

それは……コバ磨き!
c_3_73
コバってこれです。床面もそうですが、そのままでは毛羽立っていたり、ガタガタしています。
これをひたすら磨いて綺麗にするのです。ここの仕上げで見た目の印象ががらっと変わります。

このコバ磨き、実はかなり奥が深くて調べても人によってやり方は様々なようです。僕も模索中ですね。
今回は荒いやすりをかける→細かいヤスリをかける→トコノールで磨くという行程でいきます。
c_3_74
紙ヤスリ、けっこう消費が激しいです。
c_3_75
まずは、荒目の紙ヤスリで大きく整えます。

その後、細かいヤスリでさらに整えていきます。
c_3_76
ここでまたトコノールの出番です。相変わらずいい名前ですね。指でコバに塗り伸ばして余り革や布巾などで磨きます。

ひたすら磨きます。ひたすら磨きます。
c_3_77
これ、まだ途中なのですが削って磨いてを繰り返して綺麗にしていきます。根気のいる作業です。

最後にスマホケースの取り付けです。接着剤で付けると耐久性に若干不安がありそうなので今回は両面テープで取り付けることに。
c_3_78
超強力!
c_3_79
付きました。バッチリですね。赤もいい色です。
c_3_80
焼き印も入れて完成です。
c_3_81
カードケースはこんな感じ。
c_3_82
うん。初めてスマホケースを作ったにしてはまずまずの出来ではないでしょうか。

いざ、納品!

とある喫茶店にて待ちあわせ。ドキドキしながら渡します。

第一声が「キャー、嬉しい!」でした。

どうやら気に入ってもらえたようです。報われました!!
c_3_83
スマホをはめてみます。ぜひ名前をつけたい儀式ですね。「装着式」とか。
c_3_84
スマホもきっちり入りました。
c_3_85
赤が似合いますね。この時、なぜか僕自身がカメラでパシャパシャ撮られていました。
c_3_86
喜んでいただけて良かったです。ホッと胸をなで下ろしました。

今回は失敗したのも含めて色々と勉強になりました。やはり作ったことの無いモノでも、チャレンジするべきですね。

では今回はこの辺で!

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!

ファンク・ダ・ネオーン

profileneo

普段は普通のサラリーマン。
あるとき独学でレザークラフトを始め見事にはまる。

以来、頼まれた物など失敗や試行錯誤を繰り返し作り続けている。

今欲しい物はリアルに革漉き機とミシンだが、部屋に置く場所が多分ない。

  • 特集 目黒通り 家具・インテリアSHOP
  • Renovation Styleとは?
  • renosta 未経験者OK ライター募集中

リノスタのSNSをフォローして、
おすすめ情報をGETしよう!